今回は 歯の役割 についてお話しさせていただきます

 

歯は、一番には食事の時に食べ物を噛み砕くという大切な役割がありますが、歯の役割はそれだけではありません

 

今回はいろいろな面から歯の役割について考えてみたいと思います

 

 

 

【ものを噛む】

 

まず食べ物を噛んで、飲み込みやすくして胃や腸などで消化を助ける働きがあります

 

歯は、たった1本失われても、正常な働きができません

 

例えば、大臼歯(奥歯)が1本なくなっただけで、ものを噛み砕く能率は約40%も低下すると言われています

 

このため消化器官に負担がかかり栄養の吸収が悪くなるという悪循環が生まれます

 

噛むこと自体にも

 

唾液の分泌を促す

歯周組織の血行を良くする

表情筋を鍛えて表情を豊かにする

脳の活性化及びリラックス効果

 

等の役割があります

 

 

【味わう】

 

味は舌で感じるものと考えがちですが、歯触りや歯ごたえも美味しさのひとつですので、歯も味覚を豊かにしていると言えます

 

 

【体内への異物侵入の防御】

 

砂や石など硬いものを噛んだ時に食感で食べられるのものと食べられないものを判断して、体内に異物侵入を防ぐ役割もあります

 

 

【発音】

 

歯にも唇や舌と同じように発音を助ける役割があります

前歯に大きな隙間があったり、受け口(下顎前突)や、出っ歯(上顎前突)、開咬(前歯がうまく噛み合わされなく、開いている)といった歯に問題を抱えていると正確な発音をすることが難しくなります

 

歯並びが良い人と歯並びに問題を抱えている人を比較すると、発音の良さは顕著に表れます

 

上の前歯が抜けるとサ行、奥歯が抜けるとハ行、ラ行が発音しにくくなって、言葉が不明瞭になったりします

 

歯と発音は密接な関係にあるのです

 

 

【力の発揮、バランスを保つ】

 

歯を噛みしめることで、強い力を発揮できるようになります日常生活ではあまり感じないかもしれませんが

スポーツをしているときなどでは、歯をかみしめることにより首の骨や周りの筋肉で頭部を固定し、瞬発力や、筋力をより強く引き出すことができます

 

また腹筋や背筋など姿勢を保つ筋肉に適度な緊張を与えることでバランスを保ちます

 

スポーツ選手は噛みしめ過ぎで歯が悪くなりやすいので

マウスピースを使用したり、十分なケアを行なっている方が多いです

 

 

【見た目の美しさ】

 

笑顔からこぼれる歯並びの良さは、清潔感もあり好印象になります

 

見た目が美しくなると、自然と笑顔になり、自信も持てるようになるでしょう

 

 

 

 

〖それぞれの歯の役割〗

 

永久歯は生えてくる場所によって名前が異なります

 

大きく分けると前歯は「切歯(せっし)」、奥歯は「臼歯(きゅうし)」、糸切り歯は「犬歯(けんし)」と呼びます

 

それぞれ異なった形をしており、咀嚼[そしゃく]や噛み合わせにおいて様々な役割を果たしています

 

 

【切歯】(前歯)

切歯とは、歯列の中央にある上下左右でそれぞれ2本ずつ、計8本ある前歯のことを言います

 

正中にある2対の前歯は中切歯[ちゅうせっし]

その隣の前歯を側切歯[そくせっし] と呼びます

 

切歯は薄く平べったい形で、上下の歯を噛み合わせることで食べ物を噛み切ったり、ちぎったりする役割があります

 

切歯は一番目立つ位置にあるため、顔の印象に大きな影響を与える歯でもあります

 

【犬歯】(糸切り歯)

前歯と奥歯の中間にある、真ん中から3番目の歯を犬歯と呼び上下左右それぞれ1本ずつ、計4本あります

 

犬歯は槍のように尖った形をしており、食べ物にかぶりついて切り裂く役割があります

 

また、犬歯はほかの歯よりも根が長く、強度があるため、噛み合わせたときに前歯や奥歯にかかる負担を軽減させる役割も担っています

 

また、不自然な生え方をしている犬歯は八重歯と呼ばれチャームポイントとされる場合もありますが、本来の犬歯の役割が十分に果たされず、歯磨きもしにくいため、歯の健康を守るためには歯列矯正を検討することも大切です

 

 

【臼歯】(奥歯)

臼歯とは奥歯のことを言います

 

真ん中から数えて、4,5(小臼歯),6,7,8(大臼歯)番目にある歯です

 

臼歯は食べ物を噛み砕いたり、すりつぶしたりする役割を担っています

 

臼歯には小臼歯と大臼歯があり、小臼歯は上下左右それぞれ2本ずつの計8本、大臼歯は上下左右それぞれ3本ずつの計12本あります

 

歯列の一番奥にある3番目の大臼歯(第三大臼歯)は、いわゆる「親知らず」です

 

また、小臼歯は噛み合わせにおける重要な役割も果たしています

 

食べ物を噛んだ時、下顎は後方へ若干ずれるので、そのとき唯一噛み合うのが小臼歯で、下顎が後方へ下がり過ぎないようにくい止める役割を担っているのです

 

大臼歯は、第一大臼歯・第二大臼歯・第三大臼歯とあり、この3つの歯が上下の歯を噛みしめたときの歯の高さを決め、維持する役割を担っています

 

特にに第一大臼歯は噛み合わせの安定のために重要な歯と言われています

 

ですが6歳前後と一番早くに生えてくる永久歯であり、虫歯になりやすい歯でもあるため、注意して日々のケアを行うことが大切です

 

歯は一生ものですので、定期的に歯科医院でメンテナンスをすることをお勧めします

 

 

 

歯科衛生士 小林

 

 

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。