みなさんこんにちは。

あきる野市にありますきらら歯科 歯科衛生士の加藤です。

 

今日はみなさんに風邪を引いた時、体調が悪い時に起こる歯の痛みについてお話しします。

 

 

 

 

風邪を引いた時に起こる歯の痛みを経験された方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

虫歯かと思い歯医者に行ったところ虫歯ではないと言われた方。

実は風邪を引くと歯が痛くなる事があるのです。

特に上の歯が痛くなったのではないでしょうか?

上の奥歯の根は鼻に繋がっている副鼻腔(ふくびくう)という空洞に接しています。

副鼻腔に鼻水が溜まったり炎症が起こる副鼻腔炎 又は蓄膿症(ちくのうしょう)になると奥歯に違和感や痛みが出るのです。

 

 

そのメカニズムをお伝えします。

 

*上の奥歯の根と副鼻腔が近いため

上の奥歯の根は副鼻腔に近かったり副鼻腔の中に突き出ていたりします。

そのため副鼻腔に粘液や炎症が起こると上の奥歯や鼻の横あたりが痛くなることがあります。

 

*副鼻腔に溜まった鼻水がなどが歯の神経を圧迫するため

副鼻腔は通常、空気が入っている空洞ですが、鼻風邪などによって副鼻腔内に粘液が満たされると、副鼻腔内に突き出ている歯の根を圧迫します。

 

*副鼻腔の粘膜の炎症が歯の根の周囲に伝わるため

炎症とは細菌などの刺激によって血管が広がり、血管の中から免疫細胞が細菌と闘うために出てくることです。

いわゆる腫れている状態です。歯の中にも血管があり、歯の中に炎症が広がると、血管が膨らみ、歯の神経を圧迫して痛みが出ます。

 

 

 

 

副鼻腔炎で起こる8つの症状

1.頭痛

2.目の奥の違和感

3.動いたり走ったりするとひびく

4.鼻づまり

5.歯の痛み

6.噛んだ時の痛み

7.歯の根元が痛い

8.口臭

 

などです。

いっけん歯が痛く虫歯かな?と思うと思いますが歯ではなく鼻の横にある空洞に炎症が起き痛みが起こる場合があります。

ただ、必ず副鼻腔での炎症で歯が痛くなるわけではないので歯に違和感、痛みを感じた場合はすぐきらら歯科へご連絡ください。

お待ちしております。

 

 

歯科衛生士 加藤

 

 

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ

東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。