こんにちは。

きらら歯科、歯科衛生士副主任の太田津です。

今回は歯間ブラシの種類と選び方についてお話しさせていただきたいと思います。

 

○歯間ブラシとは

歯間ブラシは歯と歯の間を磨くための細いブラシです。

歯と歯の隙間が大きい場合の清掃やブリッジの隙間の清掃に優れています。

 

 

○歯間ブラシの種類について

 

◎形

 

①I型

持ち手からブラシまで一直線になっているタイプです。

主に前歯の清掃に向いています。

 

②L型

持ち手とブラシの間が曲がっていてL字になっているタイプです。

主に奥歯の清掃に向いています。

 

◎ブラシの素材

①ブラシタイプ

細い針金にブラシが付いているタイプです。

強度が強く洗って何回か使える利点はありますが、針金が歯茎に当たって痛かったり歯茎を傷つけたりする可能性があります。

 

②ゴムタイプ

ブラシ全体がゴムで出来ているタイプです。

強度はあまりなく基本的に使い捨てとなりますが、全体的に柔らかい為歯茎を傷つける心配が少ないです。

 

◎ブラシの大きさ

①細い(SSSS〜S)

②普通(M)

③太い(L)

 

基本的には歯と歯の間をほとんど抵抗なく入るような太さの歯間ブラシが良いです。

無理に細い隙間に太い歯間ブラシを入れていると歯茎が下がったり隙間が広がったりしてしまいます

 

 

きらら歯科では歯間ブラシでの清掃が必要な方に使用方法の説明を行っています。

何か不明な事があれば気軽にご相談ください。

ハブラシでブラッシングしただけでは、歯と歯の間は十分みがけない事があり、プラーク(歯垢)や食べかすが残ってしまいます。みなさんもご存じのとおり、ムシ歯や歯周病の原因はプラークです。

そこで、デンタルフロスや歯間ブラシを使って、ハブラシでは届かない、歯の側面についたプラークや、歯と歯の間に入りこんだ食べかすを、きれいに取り除きましょう。そして、きれいで健康な歯を保ちましょう。

歯間ブラシを初めて使う方にとっては、歯茎を傷めないかどうか不安に感じるかもしれません。

しかし、歯間ブラシは歯ブラシと併用することで、9割以上の歯垢除去率が期待できる、オーラルケアには欠かせないものなのです。

歯科衛生士副主任 太田津

 

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ

東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。