副歯科衛生士長 岡部です。

今回は酸蝕歯についてお話したいと思います

 

 

酸蝕歯をご存知ですか?

 

 

歯の表層部分(エナメル質)は硬い組織でできています。

 

エナメル質は、食べものや飲み物に含まれる酸により一時的に柔らかくなり、歯のミネラルが失われます。

この状態で歯磨きや歯ぎしり、食いしばりなどをするとエナメル質が削れやすく、時間の経過とともに歯が薄くなってしまいます。

このように酸が主な原因で歯が溶けてしまうことを「酸蝕歯」と言います。

 

<酸蝕歯によく見られる症状は>

 

□ 冷たい物や熱い物を、飲んだり食べたりしたときにしみる

□ 歯が薄くなり象牙質が透けて、黄色っぽく見える

□ 歯の角が丸みをおびて見える

□ 歯に艶がない

□ 歯の表面に小さいへこみがある

□ 詰め物や被せ物が取れやすい

 

 

酸蝕歯を放っておくとどうなるの?

 

酸蝕歯となってしまったら、自然に元に戻すことはできません。

そのままの状態で放っておくと、歯の中にある神経が損傷したり、噛み合わせに問題が生じたりする恐れがありますので、疑いがあれば早めに受診しましょう。

 

 

 

酸蝕歯の治療方法

 

酸蝕歯の治療は、お口の状態や、生活習慣によって異なりますので、歯科医院を受診し、どのような治療になるのか相談しましょう。

 

<歯に影響が少ない場合>

歯質を強化する薬剤を塗って症状を軽減させます。

 

<歯に影響が大きい場合>

虫歯の治療と同様に、詰め物や被せ物を入れる処置や、ダメージが大きければ抜歯が必要となることもあります。

 

<飲食物や日常生活に問題があって引き起こしている場合>

食生活の指導を受けて改善が必要となります。

胃酸によって引き起こしている場合は、かかりつけ医と連携をとって治療を進めることになります。

 

 

 

 

酸のあるものを飲食する前後の対策について

 

お酢や、炭酸飲料、クエン酸やリンゴ酸を含むスポーツ飲料、柑橘系の果物や飲料、ワイン、フルーツティなどは特に酸性度が高く、摂取した後は歯が一時的に柔らかくなってしまいますので、下記のことに注意しましょう。

 

 

 

■お口の中で長時間溜めておかない

お口の中に酸性の飲食物が長くとどまっていれば、歯は酸の影響を受けてしまいます。

ダラダラと飲食物をとることは控え、飲み物はお口の中に溜めずに飲み込むようにしましょう。

 

 

■酸を早く中和させる

飲食後は、お口の中に酸が長くとどまらないように、水や緑茶を飲んだりうがいをしたりするといいです。

また、糖類を含まない(成分分析表に糖類0g表示とされている)キシリトールは、唾液の量を増やすことができ、お口の中の酸を中和させることができます。

また、唾液にはミネラルが含まれているので、一時的に柔らかくなった歯の再石灰化を期待することができます。

 

 

■スポーツの前後や就寝前は、酸性度の高い飲食を控える

スポーツ中や寝ている間は、唾液の量が少なくなるため、酸が中和されにくくなります。

スポーツの前後や就寝前は、摂取を控えた方がよいでしょう。

 

 

■飲食後30分は歯磨きを控える

軟化した歯が削れるのを防ぐため、飲食後30分は歯磨きを控えましょう。

■歯質の強化を促す製品を利用する

フッ素やリカルデント(CPP-ACP)を含む製品は、再石灰化の促進を期待することができます。

 

 

 

気になることがございましたら、お気軽にご相談ください

 

 

副歯科衛生士長 岡部

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ

東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。