歯ごたえのお話し☆   副歯科衛生士長 岡部

 

ジメジメとした蒸し暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今日は歯ごたえについてお話しします。

 

 

麺類のおいしさは麺の「こし」にあるといわれています。

では、どうやって私たちはそれを感じているのでしょう。

 

食べ物のおいしさを味わうとき、味を区別するのは味覚という感覚ですが、歯ざわりというのもなかなか大切なものです。

 

歯ざわりとか歯ごたえという感覚は、歯の感覚と、咀嚼筋(かむための筋肉)の感覚から成り立っているといわれています。

まず、この場合の歯の感覚とは、むし歯になったとき、痛く感じる感覚とはまた別のものです。

そして、歯の感覚は、歯の表面のエナメル質で感じるのではなく、歯の根の周りをおおっている歯根膜の圧力で感じます。

 

また、咀嚼筋の感覚とは、顎を動かす筋肉の中にある(筋紡錘)が感じる感覚のことです。

筋肉の感覚はたいへん敏感です。

例えば階段を上っていて、高さの不ぞろいなところがあれば、目でみてもわかりにくいわずかな段差でも、すぐに歩く感じでわかりますね。

それは足の筋肉の感覚が働いたからなのです。

 

麺が歯に当たったことは歯根膜が知覚し、そのときの咀嚼筋にかかる力を筋肉で知覚します。

それらの情報が大脳で総合的に判断されて、麺の「こし」がわかると考えられています。

 

麺類をはじめ、食べ物はいつまでも自分の歯で噛み健康でいたいですね。

 

 

副歯科衛生士長 岡部