被せ物の土台について☆      歯科技工中澤

 

きらら歯科、歯科技工士の中澤です。

 

今回は被せ物の土台についてお話したいと思います。

虫歯が重症化すると、歯の神経を取り除くと残るのは中心が空洞となった歯根の歯質のみとなります。
ここにクラウン(銀歯など)を被せるには、コアと呼ばれる土台が必要になります。

コアは建物の基礎のようなものなので、例え立派なクラウンを作製したとしても、コアがしっかりしていなければ、そのうち様々なトラブルを招きます。

極端な場合、残った歯質を破折させることもありえるのです。

 

 

 

 

クラウンのコアに使用される材料

 

クラウンのコアに使用される材料には、次のようなものがあります。

 

・メタル(銀合金)

・金合金

・ファイバー(ガラスファイバーとコンポジットレジン)

最近はファイバーコアが保険適用になりとても多くなっています。

 

 

 

ファイバーコアメタルコアのちがいについて

 

メタルコアはメタルを材料とした最も古くから使われているものです。

すべて金属で出来ていますので、歯と比べるととても固く、噛む力によって歯根を破折してしまうことがあります。

また、被せ物をした時などに中のメタルが黒く影になってしまったり、長く使うと金属の成分が溶けだし歯茎を黒ずませてしまうこともあります。

ファイバーコアは、金属を使わずガラスファイバーとコンポジットレジンを使用します。

ガラスファイバーは14ミクロンのファイバーをまとめて束ねたもので白や透明な色をしています。

メタルと比較しても十分な強度があり、しなるので圧倒的な柔軟性があり、噛む力が加わっても歯根は折れにくく歯に優しい材料と言われています。

 

簡単にメタルコアとの違いをまとめると

・柔軟性があり歯の破折がしにくくなる

・歯の変色が起こらない

・歯茎が黒ずまない

・金属アレルギーを起こさない

金属のように黒く影にはならずオールセラミッククラウン、CADCAM冠などのような白い被せ物などでも金属色が透けるようなことはありません。

 

このようにファイバーコアと、メタルコアには違いがあります。

また気になることなどございましたらご相談ください。

 

 

歯科技工中澤

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。