歯削る医療機器、半数使い回し…院内感染の恐れとの報道について。

あきる野市きらら歯科院長の渡部和則です。

昨日7月2日に読売新聞より「全国の歯科医療機関の半数近くが、歯を削る医療機器を患者ごとに交換せずに使い回している可能性があることが、2017年の厚生労働省研究班(代表=江草宏・東北大学歯学部教授)の調査でわかった。

使い回しが7割弱だった5年前の調査に比べて改善したものの、院内感染のリスクが根強く残る現状が浮き彫りになった。」

とのニュースがあり不安になっている患者様もいらっしゃるかもしれません。

きらら歯科では以前より「ハンドピース」の滅菌を徹底しております。

きらら歯科の滅菌過程

使用した器具やハンドピースをミーレジェットウォッシャーという高温の医療用洗浄機にて洗浄します。

ミーレジェットウォッシャーなどの消毒滅菌コーナーは当院では歯科医院としては珍しい2か所に設置しているため、もし片側が故障しても別な消毒滅菌コーナーで対応できるようになっております。

洗浄後ハンドピース内部を注油し汚染された油を排出させます

最後にハンドピース内部までも滅菌できる「クラスB」タイプの高圧蒸気滅菌機にかけます

通常の高圧蒸気滅菌機だと内部までの滅菌が出来ていない可能性があるといわれております。

器具器材の洗浄・消毒・滅菌当院では 朝から晩までフル回転です。

週刊誌やワイドショーで話題になっておりますが、 使い捨てグローブを取り換えないなんて信じられません。

きらら歯科では、お口に直接触れる器材は、すべて滅菌しております。

ハンドピース類(タービン・歯科用エンジン)・ドリル(ダイヤモンドバー)・歯石除去用チップは、薬液消毒ではなくすべて滅菌したもののみを使用しております。

また、滅菌できない器材に関しては、ディスポーザブル(使い捨て)の物を使用しておりますので安心して通院いただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

Author Profile

kirarashika
kirarashika
東京都あきる野市きらら歯科です。地域最大の歯科医師16名歯科スタッフ計100名の歯科医院で、スケールメリットを生かし総合的な歯科医療に取り組んでいます。
あきる野市のみでなく・青梅市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・山梨県・埼玉県などからも1日280名を超える患者様が来院されています。
院長:渡部和則(わたなべ かずのり)
東北大学歯学部卒業
日本歯周病学会所属
日本補綴歯科学会所属
日本歯内療法学会所属
日本先進インプラント研究会所属
日本一般臨床医矯正研究会所属
日本口腔インプラント学会所属
インプラント再建歯学研究会所属