ノンクラスプデンチャーについて  歯科技工士長 及川

 

こんにちは。

あきる野市きらら歯科、歯科技工士長及川です。

 

6月も今日で終わり。東京も梅雨で雨の日が多くジメジメした気候ですね。

気分もすっきりしないことが多く、体調を崩すこともあるかと思います。

体調を崩すとせっかくのおいしい食べ物もおいしく感じなくなるかと思いますので体調管理に気をつけて下さい。

 

 

さて、以前この場で(2016年10月28日のブログ)で局部床義歯(部分入れ歯)のクラスプ(患者様にはバネの部分とご説明させていただいているかと思います)の種類についてお話したと思いますが、

今回は部分入れ歯で金属のクラスプの無い入れ歯についてお話したいと思います。

 

入れ歯のクラスプ(バネ)が目立って人前ではしゃべれない、また大きい口を開けて笑えないという方はいらっしゃいませんか?

 

またインプラントは外科手術があるのでちょっと怖いという方、

また、ブリッジは歯が抜けてしまったところの両隣の歯を削って土台を作り、欠損してしまった歯の部分を橋渡しするように作りますが、場合によっては虫歯の無い健康な歯を削らなくてはならない場合もあり、健康な歯を削りたくない!!そんな方にぜひ使っていただきたいのが、このノンクラスプデンチャーです。

 

 

金属のクラスプ(バネの部分)がない為、金属アレルギーの心配がないので、金属アレルギーの方にお薦めです

 

ノンクラスプデンチャーは薄くて軽く、しなやかさを兼ね備えた快適な入れ歯(義歯)です。

保険診療の入れ歯ですと、入れ歯自体が分厚くなってしまう傾向があり、また割れてしまったりすることもあります。

この金属のクラスプ(バネの部分)がない為、入れ歯(義歯)が目立ちにくく、審美的な面に非常に優れており、見た目が自然で美しい入れ歯です

 

診療内容は、一般的に保険診療と自費診療に分かれるのですが、残念ながらノンクラスプデンチャーは自費診療になるため保険が効かず、保険診療の入れ歯より高額になってしまいます。

 

 

ノンクラスプデンチャーについて、またはお口の中の気になることがありましたら、お気軽にスタッフにお声がけ下さい。

皆様のご来院をお待ちしております。

 

歯科技工士長 及川

 

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。