かぶせ物について☆  歯科技工士 中澤

 

こんにちは。きらら歯科、技工士の中澤です。

皆さんは虫歯の治療をして被せ物などしたことはありますでしょうか?

 

今回はその中でも金属の被せ物、よく【銀歯】と言われてるものについてお話させていただきたいと思います。

銀歯はよく僕らの間ではFMC(Full Metal crown)クラウンなどと呼んだりしています。

その銀歯の作り方などはご存知でしょうか??

ざっくりとですが説明させていただきます。

 

 

 

 

 

【模型作り】

まずは患者さんのお口の中の型を取った物に石膏を流して歯の模型を作ります。

そしてのその模型を後の作業がしやすいように、分割をし、歯と金属の接合部分を明確にしたりする作業をして行きます。

 

【ワックスアップ】

次はその模型にワックスと呼ばれている蝋を使い、歯の形を作っていきます。

この時に周りの歯に膨らみ方や形の傾向を合わせます。鋳造すると金属は収縮をするのでそれも考えて噛み合せる場所や強さの調節などをします。

 

【埋没】

ワックスアップしたものを鋳造する前に耐火性のある鋳型の中に埋め込む作業です。

埋没材が硬化したら、ワックスを焼却するため、ファーネスというとても熱い窯の中に入れます。

 

【鋳造】

窯の中に入れることによってワックスが無くなり、空洞になった部分に金属を鋳込みます。

専門学校の学生の時はバネの力を使って遠心力で金属を鋳込む遠心鋳造機というものを使っていました。

 

これは自分で火を当て金属を溶かすので、火の加減、当て方等が難しくうまく溶けてくれなかったりして失敗することも多々ありました。。

 

きらら歯科では最新式の吸引タイプの鋳造機を使っています。

この機械が金属を溶かしてくれてちょうどいい溶け具合にボタンを押すと鋳込んでくれます。

これにより鋳造欠陥もほとんど無くなります。

 

【研磨】

最後に噛み合せる強さ、隣の歯との当たり方の強さなどを調節し最終的にはピカピカに金属の光沢を出していきます。

 

こうしてお口に入る銀歯は出来ていきます。

 

金属でできたクラウンのメリットとしては保険が適用されますので費用がそんなにかかりません。

そして欠けたりすることもなく耐久性が良くて長持ちすることです。

 

しかし、デメリットとしてはお口を開けた時に目立つことや、金属アレルギーが発症してしまうことがあること、

ほんの少しの隙間ができてそこから虫歯が再発してしまうこともあります。

 

金属だけではなく白い歯の色をした被せ物などもありますので、気になりましたらお聞きください。

 

 

歯科技工士 中澤

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。