歯並びについて☆   歯科歯科技工士 三浦

 

 

こんにちは、武蔵五日市線秋川駅から徒歩5分の場所にあります、きらら歯科歯科技工士の三浦です。

 

 

早速ですが、ご自身の歯並びを気にしたことはありますか?

 

前歯が出ていたり、歯と歯の間に隙間があったり、個性ではありますが、タイプによっては咀嚼機能の低下や口腔内の清掃性の低下に大きく関わってくるので重要になります。

そして、口元の審美性や心理面にも関わってきます。

 

そこで本日は歯並びについて少しだけお話しさせていただきたいと思います。

 

 

※歯並びの異常のことを歯科では《不正咬合》といいます。

その《不正咬合》が及ぼす悪影響を簡単にご説明させていただきます。

 

 

 

 

 

 

①咀嚼機能の低下

→食べ物をよくかめないことがあります。

特に、かんだ状態でも上前歯と下前歯に間が開いてしまってる場合は食物を噛み切ることがしづらくなり、前歯が下前歯に異常に被ってる場合は咀嚼時に粘膜を傷つけやすいです。

 

 

②虫歯の発生原因

→歯並びがガタガタしていると、自浄性が悪いことに加えて、歯ブラシが細かい部分まで行き届かず歯垢がたまり虫歯になりやすいです。

歯垢が放置されると歯周疾患の原因にもなります。

 

③発音障害

→歯並びのタイプによっては、正しく発音できない、しづらいことがあります。

 

④骨の発育障害

→発育期の不正咬合を放置すると骨の発育バランスが乱れ、顔面非対称症などの誘因になります。

 

 

以上のことに加えて、

歯並びは顔つきにも影響を与えます。

日本は海外に比べて歯に対しての審美意識が低いですが、海外では〝矯正をしている〟ことが一種のステータスとされているそうです。

 

きらら歯科では矯正治療も行っております。

[痛い][時間がかかる][値段が高い]というマイナスの印象が多い矯正治療ですが、少しでも気になったら当院にお問い合わせいただけたらと思います。

 

 

 

詰め物や被せ物をする際、

・変色するの?

・割れないの?

・色はどんな感じ?

・値段は?

などと様々な疑問があると思います。

その際は、技工士にお声掛けください。

専門的な知識を交え、分かりやすくご説明させていただきます。

 

 

歯科歯科技工士 三浦

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。