秋川駅徒歩5分 きらら歯科   副衛生士長の久下です。

8020運動ってご存知ですか?
ー8020運動とは、日本歯科医師会が推奨する80歳で20本の歯を残そうという運動です。
それでは、現在の日本の80歳の残存歯数は何本でしょうか?

答えは、7本です。20本にはほど遠いのが現状です。

ちなみに、スウェーデンでは80歳で20本あります。

日本では、小さい頃から簡単に虫歯にしてしまい、痛くなったら削って詰めるという治療を繰り返してしまいます。

他の体の部分は、ほとんど元通りに治癒するので問題ないのですが、歯だけはそうはいきません。

歯は、消耗品なのです!治療をする度に、健康な歯の部分はどんどん減っていき、50歳前後で歯を抜くことになってしまいます。
ですから、この再治療のサイクルを遅くする努力が大切なのです。

虫歯や歯周病の予防は簡単です。
虫歯の原因は虫歯菌、歯周病の原因は歯周病菌で、もともと口の中にいる弱い細菌なのです。

それが、長時間、大量に、同じ場所に居続けさせなければ、虫歯や歯周病にはならないのです。

それでは虫歯や歯周病にならない方法は解っているのに、なぜ欧米の人はならなくて、日本の人はなるのでしょう?

それは、治療が違うのではなく、予防が違うのです!
日本の人も毎日予防をしています。
毎日、「虫歯になりませんように日々祈りながら歯を磨いています。
日本の人は清潔ですので、毎日、お風呂に入るし、髪も洗うし、歯も磨きます。

歯磨き粉のCMも毎日のように流れ、コンビニでも多くの歯の清掃用具が売っています。

歯間プラシや電動歯ブラシにも興味津々
それなのになぜ日本人の歯は悪いのでしょう

答えば1つ。

実は自分だけでは、歯を磨けないのです。
器用、不器用の問題ではなく、自分の髪の毛を自分で切る人はいません。
美容師さんに切ってもらいます。

その美容師さんも、また美容師さんに切ってもらうのです。
つまり、自分で自分の髪を切れる人はいないのです。

人の歯なら上手く磨けるのですが、自分の歯は磨けないのです。
そういう意味は、自分で歯を磨ける人はいないのです。
自分では、綺麗に磨けているように見えて、自分では見えない奥歯の歯と歯の間や裏側に細菌を取り残してしまうのです。
そこが次に歯医者さんに行くまで、細菌が付きっぱなしになってしまい虫歯や歯周病になってしまうのです。

なので、きちんと定期的に歯医者さんで綺麗に磨いてもらったり、歯石、着色を取ることは非常に重要です!

なにかわからないことがありましたら、お気軽にお聞きください。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。