こんにちは。あきる野市にあるきらら歯科、技工士長の及川です。
私達の大切な歯を失う原因で一番なのが、虫歯と歯周病です。
虫歯とは虫歯菌が食べかすなどに含まれる糖分を栄養とし「酸」を発生、 その酸によって歯が次第に溶けていく状態のことです。

虫歯の進行と治療
(学校などの歯科検診などで、C1、C2などと言われた方もいるかと思いますが、それについて説明したいと思います。)

C1(エナメル質の虫歯)
歯の表面のエナメル質のみに穴が開いている状態です。一般的に痛みなどの自覚症状はありません。
フッ素塗布等で抑制をはかり経過観察をするか、最小限の範囲で虫歯を除去し詰める治療を行います。

C2(象牙質の虫歯)
エナメル質より内側にある象牙質に達した状態です。まだ神経にいない状態ですので激しい痛みはありませんが、
冷たいものや甘いものはしみ始めます。虫歯を除去した後で、金属または白い材料で詰める治療を行います。

C3(神経に達した虫歯)
虫歯が深く神経に達している状態です。激しい痛みを伴う場合は抜髄(神経を取り除く治療)となります。
抜髄をした歯は脆くなってしまうため、基本的に、土台を立てて被せ物をする事が多くなります。

C4(崩壊した虫歯)
虫歯が大きくなりすぎて歯根だけが残った状態です。神経は死んでしまっていることが多く、
治療が可能な場合もありますが、抜歯をすることがほとんどです。

虫歯は自己治癒力で治ることはありません。私をふくめ多くの人が歯が痛くなってから
治療することが多いかと思います。虫歯になって初期段階以外は歯を削る治療が必要になると思います。
しかし削るということは歯の寿命を縮めるということです。

大切な歯を失わないためにも定期的な予防診療することで歯を失うリスクを回避することができます。
少しでもお口や歯に異常を感じたらお早めにご相談してもらえたらと思います。

egao

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。