こんにちは。あきる野市秋川駅から徒歩5分のところにありますきらら歯科 歯科衛生士副主任の池淵です。みなさん、日々の歯磨き、方法は様々ですが、目的は一緒で歯垢汚れを落とすことではありませんか?ただ、一人一人お口の中の状態、歯並びは異なります。そこで重要なのは自分にどのような歯磨き方法が合っているのかを知ることだと思います。今日は様々な歯並びに合った歯磨き方法のお話をさせていただきます。
歯周病の予防で最も重要なのは、歯磨きです。しかし画一的なブラッシング方法は、あくまで決められた条件(特に歯並びなど)で効果が得られるもの。歯並びがきちんとしていないと、磨き残しになったりすることもあります。
さらに基本通りのブラッシング方法だからと、歯周病に対して安心しすぎてしまうといったデメリットも……。画一的な予防法から、もう少し進んだパーソナルリスクに対応する予防法を知ることで、効率的に歯周病の予防につなげることができるようになります。
af9920062547m

オリジナルブラッシング法を見つけるための3つのポイント

*ブラッシング
歯周病の予防の基本です。最低でも一日1回。できれば朝晩の2回以上は行ないましょう。就寝前のブラッシングは特に重要なポイントです。
中〜重度の歯周病の人に多いのが、自分では「しっかり磨いているつもり」というケース。さらに病院などでブラッシング指導をしても、しばらくすると、いつもと前の同じような歯磨きに戻ってしまうケース。この2つのケースは、実際の臨床でもしばしば見かけます。
特に悪化した歯周病を治そうとするには、それまでと同じブラッシング方法では、どんなに治療しても効果がなかなか出てこないことも多いので、それまでのやり方を一変して、全く新しくするぐらいの気持ちの変化が必要になります。
ブラッシングは歯周病予防と治療の最初のステップ。これがしっかり行なえないと、それ以外の知識などは、絵に描いた餅でしかありません。
*噛み合わせ
歯周病で噛み合わせが大切なのは、上下の歯がぶつかりあう時に発生する力の方向が、歯やその周辺の許容範囲を超えてしまうことがあるため。歯が本来持っている力に対しての許容範囲は、意外に狭いものなのです。
噛み合わせは、歯がぐらつく原因を作ったり、歯周病の悪化または改善などに大きな影響を及ぼします。しかし、なかなか自分で確認しにくいために、過度な負担に気がつかないことも……。歯に力がかかるほど、歯を支える歯ぐきや骨にも負担がかかっています。
さらに歯周病が進行すればするほど、余分な噛み合わせの力に対しての抵抗力が無くなっていきます。特に就寝時の歯ぎしりが多い人は要注意。無意識下での歯ぎしりは、意識時ではできないほど強く噛み、早く大きく擦り合わせることがあるので、歯を大きく揺らす原因となり、歯周病が急激に進行してしまうことがあります。
噛み合わせのバランスが崩れると特定の歯に歯周病が急激に進行することがある反面、歯を削ってバランスのずれを早期に修正することで、急激に回復することもあるのです。
*歯並び
歯並びが悪い部分は、プラークが残りやすく、歯周病が進行しやすい傾向があります。また良い歯並びは、見た目だけでなく虫歯や歯周病リスクが低くなります。
歯並びが整っていると、歯が本来持っている形態がもたらす機能がフルに発揮されます。もちろん歯ブラシも代表的なブラッシング方法も、このように歯並びが良い状態で汚れを落とすための最高の形になっているのです。
歯ブラシの角度や動かし方に気を使いすぎなくても大丈夫! まずはどんな動かし方でもいいので、プラークを確実に落とすことを考えてください。
*整った歯並びの場所
歯ブラシを細かく振動させて、歯の周囲にある歯ぐきの溝(ポケット)に毛先だけが入り込むように軽く押し付けて細かく振動させます。
*狭い歯と歯の間
歯の間隔が狭いと歯ブラシだけでは毛先が届かないこともしばしば。特に奥歯は厚みがあるため、外側と内側の両方から毛先を押し込む努力をしましょう。極端に狭い場合には、歯間ブラシよりデンタルフロスが効果的。歯ブラシよりも短時間できれいになります。
歯並びが悪い場所
1本だけ歯並びが悪いような場所は、歯ブラシを縦にして磨いてみます。これも磨き残しやすい歯と歯の間をしっかり磨くためです。それでも磨き残しがあれば、デンタルフロスでカバーします。
*親知らず
通常の歯並びのさらに奥にあるような歯は、普通のブラッシング方法では、歯ブラシを届かせることができないことが多くなります。こんな時は、口を閉じて頬にゆとりをもたせて磨きます。
*歯ブラシ以外の器具
毛先の届かない場所はいくら時間をかけても磨けません。歯並びに自信がなければ、思い切って電動歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどの器具を積極的に利用しましょう。
歯磨きは頑張れば自分で管理することができても、噛み合わせだけは、自分で調整することができません。噛み合わせのチェックは非常に大切なので、歯磨きや歯並びのリスクを含めて、定期健診をおすすめします。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。