こんにちは。歯科衛生士の太田津です。

皆様は口の中の病気というと何が思い浮かびますか?

口の中の病気と言えば第一にむし歯が思い浮かぶ人が多いかもしれません。

むし歯もかなり罹患率の高い疾患ですが、日本では35歳以上だと8割以上もの人が歯周病になっていると言われています。

歯周病と深く関わりのある歯周ポケットについてお話をしたいと思います。

歯周ポケットとは

歯と歯茎の間の溝の深さのことを言います。

歯肉炎や歯周病が進んでくると健康な状態の歯茎よりも溝が深くなり歯周ポケットができます。

太田津ブログ写真1

  • 健康なポケットの状態

 

溝が2~3mm以下

健康な状態でもわずかに溝があります。

歯茎に炎症がなくポケットが2~3mm以下の場合は健康な状態と言えます。

太田津ブログ2

  • 歯周ポケットが4mm以上の状態

 

 ・歯茎の炎症の

歯茎に炎症が起きて歯周ポケットが深くなっている状態です。

歯周ポケットの間に歯垢や歯石が溜まり細菌が増殖しています。

歯を支えている骨(歯槽骨)の吸収はありません

太田津ブログ3

・歯槽骨の吸収がある

歯茎に炎症が起きて歯周ポケットがかなり深くなっている状態です。

更に歯周ポケットの間に歯垢や歯石が溜まり細菌が増殖しています。

歯周ポケットの間に溜まった歯周病菌が歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしています。

太田津ブログ4

歯周病が進むと口臭がしたり歯がグラグラしてきます。

歯周病はサイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)で、自覚症状がないまま重度の状態まで進行すると言われています。

一度歯周ポケットが深くなってしまうと溝に溜まった汚れは歯ブラシでは取ることができず、歯科医院での専門的な処置が必要になってしまいます。

定期的に歯周病検査やクリーニングを行って歯周病を予防していきましょう。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。