秋川駅から徒歩5分のところにあるきらら歯科の歯科衛生士 田嶋です。花粉が飛び始めご苦労されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。私もその一人で毎年苦労しています。早く花粉の季節が終わることを願うばかりです。

今日は歯が溶ける原因についてお話します。

egao

1.歯が溶ける原因

「酸」が歯を溶かす原因! 炭酸水の飲み方に気をつけてください。

歯は「酸」によって溶けてしまいます。例えば、炭酸水を口の中に含んで長時間飲み続けた場合、口の中は酸性になり続けます。こうなると、歯はしだいに溶け始め、大切な歯は失われていきます。

歯が溶ける病気のことを「酸蝕歯(さんしょくし)」と呼びます。酸蝕歯は、その名のごとく歯が酸によって蝕まれる病気です。強い酸性のものを食べ続けることで、知らないうちに歯が溶けてしまう恐ろしい病気です。

実は歯が溶ける健康食品

「酸」が多く含まれた食べ物というと、多くの皆さんは「すっぱい」食べ物を想像するると思います。 レモンなどの柑橘類や梅干し、お酢など…例を挙げるとたくさんありますが、どれも身体には良さそうなものばかり。梅干しやお酢は、疲労回復や成人病予防にも効果的だといわれているので、毎日欠かさず摂取するという方もいると思います。しかし、こうした健康食品を過剰に摂り続けていると、歯が溶ける原因につながります。

アルコールでも歯が溶ける?

ビールやワインなど、お酒を好む方はたくさんいると思います。女性の中にはワインが大好きで、リラックスしながら飲むことが習慣になっている方もいらっしゃると思いますが、ビールなどに比べ、健康的なイメージのあるワインにも酸が含まれています。このように、強い酸の含まれたアルコールにも注意が必要です。

食後すぐに歯を磨かないでください。

歯が溶ける原因が「酸」ならば、酸性の食べ物は口にしてはいけないのでしょうか? そんなことはありません。もし口の中が“酸性”になっても、私たちの口内には酸を中和してくれる「再石灰化(さいせっかいか)」という機能があります。この機能が溶け始めた歯を修復してくれるので心配しなくて大丈夫です。

ただ、この再石灰化が起きる前に歯を磨いてしまうと、せっかく歯を元通りにしてくれたのに、その働きを疎外することになってしまうのです。したがって、歯を磨く場合は食事から1時間ほど経過してから行うようにしてください。

歯が溶ける病気を治すには

もし歯が溶けて酸蝕歯になってしまった場合、どのように治すかご存知でしょうか? 酸蝕歯の治療法として行われているのが「コンポジットレジン」という歯の修復方法です。歯科用に開発された樹脂性の素材を歯に接着させて修復するやり方で、自然な色で、短時間にきれいに仕上げることができます。

しかし、いくら優れた歯の修復技術があったとしても、歯に一番いいのは酸蝕歯にならないようにこころがけることです。知らないうちに歯が溶けてしまわないように、日々の食生活や、正しい歯磨きを心掛けてください。

3.子どもの頃から歯が溶けるのを予防する

酸蝕歯は年代性別問わず、誰もがかかる可能性のある病気なので、大人だけでなく、子どもが酸蝕歯になるケースも…特にお子様はコーラやサイダーなどの炭酸飲料が大好きなので、こうした飲み物を毎日たくさん飲んでいると、子どものうちから歯が溶けてなくなるといった最悪の状態を引き起こしかねません。そこで親御さんたちは、自分のお子さんがそうならないためにも、“酸蝕歯の恐ろしさ”をお話して、炭酸飲料の取りすぎには注意して下さい。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。