こんにちは。あきる野市秋川にありますきらら歯科 歯科衛生士加藤です。

今日は動物は虫歯になるのか についてお話しいたします。みなさんの生活の中で一番身近な動物と言えば、犬や猫ですね。
犬や猫も虫歯になるのでしょうか?
動物は、普通は虫歯にはなりません。なぜなら、普段動物は砂糖の入ったものを食べないからです。
虫歯は、砂糖などを食べて、歯のエナメル質がとけるためにかかる病気です。野生で生きている動物が食べるものには砂糖など入っていません。ですから虫歯にはならないのです。
しかし、動物園の動物は、人から砂糖の入った甘いものをもらうことがあります。そのために、虫歯になる動物もいます。また、ペットとしてかわれている犬や猫も、甘いものを食べることがあるために虫歯になることがあります。

野生の動物は、うっかり石をかんだり、獲物をおそうときに力を入れすぎて牙を折ったりして歯に傷ができ、そこから虫歯になることはたまにあります。また、年をとった動物では、歯がすりへってそこから虫歯になることもあります。ただし野生動物は、虫歯になるとうまくものを食べることができなくなるので寿命が短くなり、早く死んでしまいます。

犬や猫などのペットの虫歯は最近増えているようです。これは人間がむやみに甘いものを食べさせることが原因です。かわいいからといってあまり甘いものを与えるのは、動物にとっていいことではないということを覚えておいて下さい。

1967030003

また、動物は虫歯だけではなく歯周病にも罹患していると言われています。
動物にも歯垢や歯石が付着します。付着された歯垢や歯石が何年も放置されることにより歯周病が進行し歯が抜け落ちてしまう事があります。動物は歯が無くなってしまうとご飯が食べれず早く死んでしまう恐れがあります。
そうならないためにご家庭の方がペットに歯ブラシをしてあげる事が大切になります。ペットの口腔ケアをしっかりと行ってみて下さい。