こんにちは、あきる野市にあるきらら歯科の歯科技工士 齋藤です。そろそろ、ソメイヨシノ桜も咲き出し服装も気持ちも軽やかになる季節ですね。
今回は、入れ歯について簡単に書かせていただきます。みなさん『入れ歯』と聞いて何を思い浮べますか?
おそらく、テレビのCМ等で見かける。『総入れ歯』と『部分入れ歯』を思い浮かべるかと思います。

歯科では、『入れ歯』の事を、『有床義歯』と言い、略して『義歯』と言っています。

そして、専門的には『総入れ歯』の事を、『全部床義歯』や『総義歯』(フル デンチャー)と言い、『部分入れ歯』の事を、『部分床義歯』(パーシャル デンチャー)と言います。
①全部床義歯(総義歯、フル デンチャー)
上下顎すべて、または上顎、下顎どちらかすべての天然歯が欠損している無歯顎の症例に対して、
失った天然歯や歯肉および歯槽骨を人工的に置き換えることで、失われた咀嚼、発音などの機能や審美性を回復し、
患者さまの健康維持のために装着する義歯です。

92041001

基本的な構成、
1、人工歯(レジン歯、硬質レジン歯、陶歯)

2、顎粘膜に接するレジンまたは、金属製の義歯床

ちなみに、日本では、欧米諸国より100年ほど早い江戸時代初期に、入れ歯師によって、木製の全部床義歯が製作されていました。

②部分床義歯(パーシャル デンチャー)

部分的に歯を失った場合にその欠如部を人工的に回復する着脱可能な有床義歯です。
分類  後方に歯がない    …遊離端欠損
両側に残存歯がある …中間欠損
これら2つが混在する  …複合欠損  等が有ります。
92041002
基本的な構成は、

1、欠損した歯に代わる人工歯(レジン歯、硬質レジン歯、陶歯)

2、顎粘膜に接する義歯床

3、義歯を定位置に維持させる支台装置(バネなどと言われる残存歯に掛ける主に金属製の クラスプ等)

4、支台装置や2つ以上の床や支台措置をつなぐ連結子(金属製のバー等)

このように、ひとくくりに『入れ歯』と言っていますが、『全部床義歯』と『部分床義歯』と大きく分かれ、なおかつ症例によっても名称がいろいろあるんですよ。

材料の品質や技術の向上により装着感、使用感が格段に良くなっている義歯ですが、やはり自分の歯には及びません。できるだけ永く多くの歯を残せるように毎日のケアと定期検診をお薦めします。
ご心配な事やご質問ががございましたらお気軽にお越しください。
お花見のお料理とお酒が美味しく召し上がれますように。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。