こんにちは。あきる野市のきらら歯科 副衛生士長の岡部です。
寒い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて今日は、歯周病と、この時期に流行するインフルエンザの関係についてお話しします。

一見、歯周病とインフルエンザは関係がないように思われますが、実は、お口の中を清潔に保ち、歯周病予防をすることがインフルエンザの感染予防につながるといわれています。

インフルエンザウィルスは、歯周病菌の一種であるジンジバリス菌が出す酵素の手助けにより人の細胞に入り込み、細胞内部で増殖し感染が広がるといわれています。

口腔内に歯周病菌が増殖すると、インフルエンザを悪化させる可能性があるともいわれています。

口腔内を清潔に保つことでインフルエンザウィルスに感染するリスクを下げることができるのです。

インフルエンザの予防、というと真っ先にインフルエンザの予防接種を思い浮かべますが「歯周病の予防=口腔内を清潔に保つ」ことでインフルエンザの感染を抑えることができます。

歯周病の予防方法は

○歯みがき

日々の歯みがきが重要です。

定期的に歯医者さんでプラーク除去、歯石除去もおすすめです。

%e6%ad%af%e7%a3%a8%e3%81%8d%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

○禁煙

たばこには有害物質のニコチン、タール、一酸化炭素が含まれていて、特にタールはヤニとして歯に付着しヤニの上にプラークが付着しやすくなります。

お口は全身への入り口です。

0904050001

お口の中を清潔に保つことによってインフルエンザに感染するリスクを下げましょう。

外出などで歯みがきができない時は、うがいをするだけでも感染予防になります。

ぜひ、試してみてください。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。