こんにちは、あきる野市にある。きらら歯科の歯科技工士 齋藤です。寒い日が続きインフルエンザも流行してきていますが、みなさん体調はいかがですが?

さて、今回は乳歯のあるお子様の虫歯についてです。
乳歯の虫歯の事を乳歯齲蝕(にゅうしうしょく)といいます。乳歯齲蝕は永久歯が齲蝕する(虫歯に成る)のと比べて進行が速く、場合によっては、あっという間に歯髄炎まで成ってしまいます。歯髄炎に成ると大人でも我慢出来ないほどの痛みが生じてしまいますよね。
小児の場合、一昔程ではないですが、口腔清掃がなかなか上手に出来ていないだけではなく、一度齲蝕すると、乳歯の硬組織は永久歯と比べておよそ半分ほどの厚さしかないのでアッという間に歯髄まで達しやすいので、早期の治療(歯冠修復)がとても大事に成ってきます。(ちなみに、永久歯では、硬組織である歯の表面のエナメル質は、モース硬度計では6~7度で水晶に相当する硬さを持っています。こんなに硬い組織が虫歯になるというのは怖いですね。)
小児は、乳歯が生えている間にも心身共に旺盛な成長発育を遂げるので、十分な咀嚼力を必要とします。そのためにもその機能を果たせる歯冠修復物がとても大事なのです。
乳歯の歯冠修復では、永久歯に比べインレー修復の窩洞が浅くなったり、また、広範囲に進行したり早期に欠損したりと様々なケースに合った材料を用いて歯冠修復物や保隙装置を作る事に成ります。
また、小児の時の歯冠修復は小児の健康だけではなく、将来、大人の歯である永久歯の咬合に大きく影響して来る事に成ります。

とは言ってもお子様の毎日の歯磨きはとても大変です。私も経験がありますがなかなかじっとして歯磨きをさせてくれませんね。ちゃんとできてるいるのか、虫歯になりかかっていないか、などご心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。乳歯齲蝕にならない為に毎日の口腔ケアも大切ですが定期的な歯科医院での口腔ケアもお勧めします。

%e6%ad%af%e7%a3%a8%e3%81%8d%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。