こんにちは。きらら歯科の歯科衛生士、小林です。

今回はお口の中にできる痛い口内炎についてお話しさせていただきます

誰もが一度はかかったことのある口内炎
通常は1週間~2週間で自然治癒しますが、なかなか治らない場合もあります

【口内炎の種類】
口腔内に局所的原因がある原発性口内炎と
全身的な病気が引き金となって発生する症候性口内炎があります

〇カタル性口内炎
(原因)
歯磨きが不十分なこと
入れ歯・矯正器具、熱い食べ物、化学薬品などの物理的化学的刺激が局所的原因となります

(症状)
粘膜が赤く腫れ、腫れた部分が熱を持ち、食べたときにしみるといった症状があります

〇ヘルペス性口内炎
(原因)
ヘルペスウィルスに感染することで発生します

(症状)
複数の水疱ができ、水疱がやぶれると激しい痛みや発熱を伴うこともあります

〇アフタ性口内炎
(症状)
円形・楕円形の白っぽい色をした潰瘍ができる、もっとも一般的な口内炎です
潰瘍部分の縁が周囲よりも赤くなり、物が触れると強い痛みがあります

原因はわかっていませんが、免疫力低下、過労、ストレス、ビタミン不足
べーチェット病や潰瘍性大腸炎などの全身疾患に伴うこともあります
また、機械的刺激や口の中の不衛生が引き金となる場合もあります

〇カンジダ性口内炎
(原因)
口腔内が不潔な状態が続いたり、免疫力が低下したりしたときに、口腔内の常在菌であるカンジダ(かびの一種)が異常増殖して発症します
膠原病やエイズなどの免疫不全をともなう全身疾患が原因となることがあります

(症状)
灰白色あるいは乳白色の膜ができます
ガーゼなどでぬぐうと剥がれますが、剥がれた部分は赤い粘膜が露出し、食べ物がしみたりします

もっとも一般的な口内炎はアフタ性口内炎でその原因は不明と言われています
機械的刺激、疲労、ストレス、栄養失調など様々な要因が重なって発症すると考えられています

accdb8c8d9a084e4915170779db163ad_m

全身疾患が原因となる場合もありますが、この場合には原因となっている病気の治療が優先されます

4つの主要な原因

①機械的刺激
口の中を噛んでしまった、歯ブラシで口の中を傷つけてしまった、横に傾いた歯が舌や粘膜を刺激している、矯正器具や入れ歯が当たる、などがこれにあたります

[対策]
同じところを何度も噛んでしまう場合、歯科を受診し噛み合わせを調整して貰います
傾いた歯が舌や粘膜を刺激して繰り返し口内炎ができる場合も同様です
矯正器具や義歯の調整をしてもらいます

②唾液の減少
ストレスやシェーグレン症候群のような全身疾患による唾液の減少

[対策]
お口の乾燥、唾液の減少を感じたら、歯科医院の受診し
薬の副作用、シェーグレン症候群のような全身疾患など原因の診断をしてもらいます
また自分自身ではストレスの原因を取り除く
食べる時には良く噛む、またノンシュガーのガムを噛むなどを心がけて唾液の分泌を促しましょう

③免疫力低下によるもの
睡眠不足や不規則な生活、疲労などにより免疫力が低下すると口内炎ができやすくなると考えられています

[対策]
規則的な生活を心がけ、休息、睡眠をたっぷりとり、体力の回復を図りましょう

④ビタミンBの不足
偏った食生活によりビタミンBが不足すると皮膚や粘膜に炎症が起こりやすくなります

[対策]
バランスの良い食事を心がけ、ビタミンBの多く含まれている動物性蛋白を多くとるようにしましょう
ビタミンB剤を補助的に摂取するのもいいでしょう

きらら歯科では、アフタ性口内炎の治療はステロイド軟膏やレーザーによる治療を行っております

お口の中で気になることがありましたら、きらら歯科を受診してくださいね
お待ちしております

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。