みなさんこんにちは。
あきる野市きらら歯科 歯科衛生士主任の河村です。

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始は皆様どんな日を過ごされましたか?

きょうは「なぜ歯が黄色くなるのか」についてお話しさせていただきます。

毎日歯ブラシしてるのになぜ歯が黄色くなるの?
歯ブラシで擦っても取れない汚れがある。

など日々さまざまなお話を聞きます。
その原因として考えられるものを挙げてみようと思います。

①着色

色の濃い飲み物・食べ物を回数多く食べる方は歯に色素(ステイン)が付着しやすくなります。
これは飲食物の色素なのですが、一度付着してしまうとブラッシングでは簡単には落ちないほど、強力に付着しています。
またタバコによるヤニ汚れも強力に付着します。

主な原因になるもの
・コーヒー
・紅茶、緑茶、ウーロン茶
・赤ワイン
・コーラ、ココア
・カレー
・ケチャップ
・タバコ

主に色の濃いものですね。
上記のものを習慣的にお口にするからは注意が必要です。

②歯石

ブラッシングがうまくできずに磨き残しが多くなるとプラークが硬くなり、歯石となります。
歯石が歯に付着すると、とても汚く見えます。また歯だけでなく、歯茎も腫れてくるためより汚く見えたり、口臭もでてきます。
また歯周病になると歯茎の中に黒い歯石がたまります。黒い歯石が透けて見えてくると汚く見える原因になります。

③加齢変化

年齢とともに歯は黄色くなります。
歯の構造の一部の象牙質は元々黄色なのですが、加齢とともにその色が濃くなっていきます。
そして、日々の生活で歯の表面のエナメル質というものが薄くなり、中の象牙質そのものの色が透けて見えてくるようになります。

④むし歯や治療後の詰め物による変色

むし歯は全部黒くなっている訳ではありませんが、むし歯になった歯は黒くなります。 そしてむし歯になると穴もあきます。穴が開いただけでも黒く見えてしまいます。
また治療を受けた歯でも「詰め物の変色」や「金属による歯の変色」が起こります。いわゆる経年的劣化というものですが、これらが歯を黄色くみせる原因となります。

⑤神経がない歯

歯の神経を取った直後は変化がなくても時間とともに黒ずんでいきます。
またぶつけた衝撃でいつの間にか神経が死んでしまい、徐々に黒ずんでいくこともあります。

⑥歯の磨きすぎ

③の加齢変化にもかかわることですが、間違ったブラッシングをおこなっていると黄色く見えるようになります。
粗い研磨剤が入った歯磨き粉で毎日ゴシゴシと力を入れて磨いていると、表面のエナメル質が削れてしまい、中の黄色の象牙質がすけて見えるようになってしまいます。

⑦薬品による着色

薬品の中には歯に着色するものもあります。 色の濃いうがい薬や内服薬で歯に着色が起こることがあります。

口元は第一印象にかかわる大きなポイントです。
2017年きれいな歯で幸せな一年にしませんか?

皆様のご来院お待ちしております。

c7b5f0a6ec6845ec7a64a35a26a17662_m

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。