こんにちは。きらら歯科 歯科技工士長の及川です。

歯科医療は歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、受付によっておこなわれているかと思います。今回は私の職業である歯科技工士という職業についてお話したいと思います。

歯科技工士は歯科医療の一端を担う医療技術専門職です。

歯科医師の指示書に従って入れ歯、歯の被せ物、歯の詰め物、矯正装置などの作成や加工、修理を行います。高度な精密技工技術とともに、患者様ごとの異なる歯の色や形を把握する繊細な審美感覚が求められる仕事です。芸術的な意味でも技術よりも科学的知識に裏打ちされた技術が必要とされます。人の口の中に入るものを作成するわけですから、生体に害のない機能的なものでなければなりません。そのため、知識も技術も精確(精密で正確)であることが求められます。

歯科技工士というと手先の器用さが必要と思われがちですが、器用さ以上に大切なことはコツコツ努力する根気強さです。また常に新しい技術や知識を習得していく必要がありますから、新しいことへの好奇心や向上心をもって仕事に臨む姿勢も大切です。

歯科技工士になるためには、高校卒業後、歯科技工士教育機関に入学し、2年以上学んで歯科技工士国家試験に合格した者が厚生労働大臣の指定する登録機関に申請することによって、歯科技工士名簿に登録され、歯科技工士免許が交付され、ここではじめて歯科技工士という国家資格を有することになります。

きらら歯科では現在3名の歯科技工士が在籍しております。(歯科医院によっては歯科技工士が在籍していないところも多くあるかと思います)
歯科技工士が在籍することによって、技工指示書には記入しにくい(表現しにくい)微妙なことも直接、歯科医師と歯科技工士が相談したり、患者様のお口の中を拝見することで、よりよい補綴物(詰め物や被せ物のこと)ができるかと思います。
そして自分が作製した補綴物が患者様のお口の中に装着されたものを見学したり、患者様が喜んでくれたりすると大変嬉しくやりがいのある職業です。

きらら歯科では歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、受付が一つのチームになって歯科医療を行っております。

お口の中でお困りのことがございましたらきらら歯科にご相談ください。

af0150022925m

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。