こんにちは。きらら歯科副歯科衛生士長の岡部です。

今年も残すところあと少しですね。さて、今日はお口の中の乾燥についてお話しします。

お口の中が乾燥することを口腔乾燥症といい、ドライマウスともいわれます。お口の中の唾液が減り、お口の中が乾燥することです。
私たちの一日平均の唾液分泌量は、約1.0~1.5リットルで3箇所の唾液腺から出ています。
唾液には抗菌作用があり、お口の中の雑菌の繁殖を防ぐ役割があります。
唾液が不足するとお口の中が乾いたり、歯周病やむし歯になりやすく口臭の原因にもなります。
また、加齢によって唾液の分泌量が低下することもあります。

ドライマウスによって起こる症状

・乾いた食品が食べられない

・食べ物をうまく飲み込めない

・むし歯になりやすい

・歯周病になりやすい

・舌が赤くなって痛い

・口内炎ができやすい

・口臭

以上のような症状のある方は要注意です。

ドライマウスの原因

○高血圧 花粉症 精神疾患 などのお薬による副作用

○噛む回数が少ない 噛む力が弱い

唾液は、噛むことによって唾液を出す唾液腺が刺激されて唾液を出します。

やわらかい食品が増えたことで唾液が減り、お口の中が乾きがちになってしまうのです。

食事の際は良く噛む、ガムを噛むなどして唾液の分泌を促すこともできます。

○ストレス

緊張すると交感神経が刺激され唾液の分泌が抑制されます。

○口呼吸

鼻炎など、お口で呼吸すると唾液が蒸発してお口が渇きます。

ドライマウスを予防するには

・マスクで乾燥を防ぐ

・水分を多くとる

・良く噛む

・唾液腺のマッサージ

などがあります。

af9920077944m

ドライマウスの症状で心配な方はスタッフにご相談ください。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。