こんにちは、あきる野市にあります きらら歯科 歯科衛生士の加藤です。
今日は麻酔についてお話いたします。
みなさん麻酔はご経験ある方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?
麻酔にも色んな種類、特徴があります。歯科医院ではどのようなものが使われているのかご説明していきます。
まず麻酔の種類からです。
1534410001
麻酔には「全身麻酔」と「局所麻酔」があります。一般的に歯科医院では局所麻酔を使用します。では、その「局所麻酔」についてです。
*局所麻酔の種類

・表面麻酔

歯茎の表面に塗り、麻酔針を刺すときの痛さを軽減させるものです。

・浸潤(しんじゅん)麻酔

一般的な麻酔を指し、細い針を使って歯茎に麻酔薬を注入していくものです。

・伝達麻酔

麻酔薬が効きにくい下顎の奥歯に使用する麻酔で、親知らずの抜歯の際にも用いる事があります。

歯医者さんで行う局所麻酔は上記の3つに分類されます。これら3つの麻酔を使い分けて、痛みの少ない治療を進めていくのです。

*注射の痛みを和らげる工夫

 
麻酔の針は“細い”
歯の麻酔に使われているのは細い針なので注射時の痛みを軽減しています。
麻酔注射は“電動式”
麻酔液を歯茎に注入するとき、余計な圧力が加わることが痛みを招く原因です。それを回避するために、「電動注射器」を使って麻酔液の注入速度をコントロールすることができるのです。
麻酔液の温度は“人肌”
痛みを緩和させるために、麻酔液にも工夫がされています。麻酔液は、人の身体の温度より冷えていると、体内に注入されたときに痛みを感じてしまうため、機械を使って“人肌”に温められた状態にすることができるのです。
*麻酔を受けた後に気をつける事

食事

・感覚が鈍っているため、誤って唇やほっぺたを噛んでしまわないように気をつけましょう。

・熱いものが感じにくくなるため、やけどに気をつけましょう。

・小さいお子様の場合は特に気をつけ、麻酔が効いている間はなるべく食事は控えて下さい。

その他

・麻酔が切れ始めると、かゆみや違和感を覚えることがあるので、触ったり引っかいたりして、傷つけないように気をつけましょう。

*麻酔の副作用
注射による麻酔の副作用
表面麻酔のあとに行う「浸潤麻酔」や「伝達麻酔」には「アドレナリン」が含まれている関係で、注射をした際の副作用で動悸が起こる可能性があります。仮に動悸などの症状が出ても安静にしておく事で改善されます。
麻酔に対して不安や心配があるかた気兼ねなくお尋ね下さい。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。