こんにちは。きらら歯科 技工士長の及川です。

テンポラリークラウン(仮歯)についてお話します。

egao

仮歯が必要な理由

・歯牙の移動の防止
虫歯治療で歯を削ったりして、歯質を失うと歯はそのスペースを埋めようと移動します。そうなると最終的に入れる被せ物が入らなくなってしまうからです。

・審美面の回復
全歯においては歯が1本抜けているだけで、審美性は低下します。仮歯がないと歯が抜けた状態なので、仮歯を装着することで口元を気にせず生活できるかと思います。

・歯の機能的回復
虫歯治療で多くの歯質を失うと、食べ物を噛むことができません。仮歯を装着することで、治療前と同じように食事をすることができるかと思います。また歯がないと上手く言葉を発音できないからです。

・外来刺激からの保護
治療中の歯は歯髄への刺激による知覚過敏や疼痛を直接受けてしまいます。仮歯を付けることで、こうした外部の刺激から歯を守ることができるかと思います。

・歯質破損の防止
咬合力や外力から残存歯質を保護することができます。

・支台歯の汚染防止
プラークや食物による支台歯の汚染を防止することもできます。

・歯周組織の保護
仮歯で歯冠形態を回復することによって、機械的な刺激から歯周組織を保護することができます。

以上のように仮歯は非常に重要な役割を果たしてくれています。しかし仮歯は本来の被せ物を比べると、短所が多い補綴物といえます。仮歯は即時重合型アクリルレジンという樹脂を使用して作ります。セラミックや金属のように強度があるものでないため、硬いものを食べたりすると破折する可能性があります。

また、仮歯をつけるセメントは接着力の強いものを使用しません。治療中の歯であるため、外れやすくなければならないからです。そのため、ガムやキャラメルなど粘着力の強い食べ物などを食べているとき、仮歯がはずれてしまったという経験をしたかたもいるかと思います。

そして即時重合型レジンはきめが粗く、長時間使用していると着色や汚れが目立つようになり、歯を清潔に保つことが難しくなってきます。

仮歯はあくまで「治療中の応急的に作られた歯」ですので、最終的に被せるものと性質が違います。

仮歯が入ったからといって、治療をやめてしまうと再び虫歯が進行してしまう場合もあります。仕事や予定で忙しく、歯科医院に通うのは大変かもしれませんが、仮歯をそのままにせず、最終的な被せ物がが入るまで頑張って治療してもらえたらと思います。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ

東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。