こんにちは。きらら歯科衛生士の小林です。

今日は顎関節症(がくかんせつしょう)についてお話しさせていただきます。

【顎関節症とは】

顎の関節に何らかの問題があることで口が開けにくくなったり、痛みや違和感があったり、口を開けると音がする状態のことを言います。

【主な症状】

① 口を大きく開けられない
② 顎を動かすと音がする
③ 顎の関節や頬や側頭部の筋肉が痛い

【原因】

① くいしばり、歯ぎしり、歯をカチカチならす(ブラキシズム)
筋肉を緊張させて顎関節に過度の負担をかけダメージを与える最も大きな原因と言われてます
くいしばり・・・肉体労働や仕事などに集中しているとき無意識に行っている。就寝中にも起こる
歯ぎしり・・・音のしない歯ぎしりもあります
① 上下の歯が適切に噛み合っていない(不正咬合)
② 打撲など外的要因によって、下顎の位置が正常でない
③ ストレスによる顎の周囲の筋肉へ過度な負担がかかっている歯ぎしり、食いしばり等ブラキシズムに影響する
④ 頬杖、片噛み、うつ伏せ寝などの癖
⑤ 急に大きく口を開ける
⑥ 硬くて大きな食べ物を噛む
などがあります。
顎関節症は、これら一つの要因で起こることよりも、いくつかの要因が組み合わさって起こることが多いようです

【顎関節症の4つのタイプ】

顎関節症のタイプはその障害のある部分によっていくつかに分けられています(日本顎関節学会による)

① 筋肉の障害によって起こるタイプ(Ⅰ型)
② 関節包・靱帯の障害によって起こるタイプ(Ⅱ型)
③ 関節円板の障害によって起こるタイプ(Ⅲ型)
④ 変形性関節症によって起こるタイプ(Ⅳ型)

(Ⅰ型)
筋肉が何らかの原因で緊張して硬くなり血液の循環が悪くなるために痛みを生じる
咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋からなる咀嚼筋を中心に痛むので頬やこめかみのあたりが痛むが、痛みは鈍く部位を特定しにくい
また、押すと強く痛むトリガーポイントというコリコリしたしこりができることがある
頭部、首、肩など離れたところに関連痛が起こる

(Ⅱ型)
顎関節の関節包みや靱帯などの線維組織に力が加わって捻挫を起したようになり痛みを生じる
関節包炎、滑膜炎などを起し、あごを動かすと顎関節部が痛む

(Ⅲ型)
関節円板が本来の位置から前にずれたままになってしまう状態のことで「関節円板前方転位」という

〖クリック (カクカク音)〗
口を閉じたとき本来は下顎窩の中にあるべき関節円板が、下顎窩の前方にズレて出てしまっている
口を開けようとすると回転して前にすべり出してきた下顎頭が関節円板の下に強引にもぐり込み、上に乗せたときに「カクン」と音が出る(クリック)
口を閉じるときに下顎頭から関節円板が外れるときも同様に音が出る
(口を開けたときには関節円板が本来の位置に戻るので「復位を伴う関節円板前方転位」という)

〖ロック(クローズド・ロック)口が大きく開けられない〗
さらに進むと、口を開けようとするとき前に出ようとする下顎頭が関節円板の下にもぐり込めなくなり関節円板を上に乗せられなくなる
こうなると関節円板が邪魔して下顎頭が下顎窩の前に出られなくなるので、口が大きく開けられなくなる(クリック音はしない)
(口を開けたときも関節円板が本来の位置に戻らないので「復位を伴わない関節円板前方転位」という)
※滑膜炎と長期の開口障害により滑膜と関節円板の癒着を起す場合がある

(Ⅳ型)
顎関節に繰り返し強い負荷がかけられたり、長い間続いたときに、下顎頭の表面が吸収されてその回りに新しい骨がつくられることがある
口を開け閉めすると「ゴリゴリ」「ジャリジャリ」といった音がして、滑膜炎など周囲の炎症を伴うと顎関節が痛む
骨の変形は必ずしも異常な変化ではなく無症状の場合もあり、またある程度進むととまる場合が多い
※滑膜炎と長期の開口障害により滑膜と関節円板の癒着を起す場合がある

顎関節症のタイプはこのように4つに分けられていますが複数のタイプにまたがっていることが多いと言われています

【治療法】

顎関節症の治療は、関節部分やその周囲に負担をかけないように、お口の周りの機能や生活習慣などを改善していくことが症状の緩和や改善になります。適切な治療法については症状に応じて異なります。主に下記のような治療が行われます

•スプリント療法
歯型をとって、スプリント(マウスピースのような装置)を作製し、上の歯に装着します
装着することで、関節や筋肉の負担を軽減したり、顎関節や周囲の組織が安定する位置へ誘導したりします

•理学療法
筋の訓練やマッサージなどを行い、関節や筋肉の運動機能や能力の回復、痛みを緩和させます

•薬物療法
鎮痛剤、消炎剤、筋弛緩薬剤、精神安定剤などを使用し、痛みや、炎症、負担などを軽減させます

•行動療法
歯ぎしりや、食いしばり、姿勢の悪さなどが関与していることもあるため、その場合には生活指導を受けて改善を行います
心理的な要因(例えば、強いストレスを感じたり、不安になったりすること)が強い場合には、心療内科と連携して治療を行うこともあります

•歯科治療
歯が抜けたまま放置していると、噛み合う歯や隣の歯が移動し、歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼすことがあります
また、親知らずの生え方に問題がある場合や、噛み合わせに問題がある場合なども関与することがありますので、それぞれ適切な治療を行います

上記のような治療を行っても改善がみられない場合に、下記のような外科治療が行われることもあります
麻酔薬やステロイド剤などを顎関節周辺に注射し、痛みを緩和させる針を刺して、関節内に溜まっている炎症性物質を洗い流す外科手術 (【例】 頭蓋骨と下顎との間にある関節円板を除去する)
しかし、手術までする患者さんは多くはないです

顎関節症は、治療が長期に及ぶこともあります
しかし、早期に治療を受ければ、比較的短期間で治すこともできると言われています
疑わしき症状があれば放置せず、早めにきらら歯科にいらしてくださいね。

af9920062547m

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。