fullsizer

こんにちは。
あきる野市 きらら歯科 歯科衛生士主任 河村です。

最近はとても冷え込む日が多く、昨日は雪が降りましたね。
そんな寒い日は、水道水がとてもつめたく
「しみる」ということが多くなるのではないでしょうか。

今日はそのしみる原因のひとつとして考えられる「知覚過敏」と知覚過敏用歯磨き粉の「シュミテクト」についてお話ししようと思います。

知覚過敏とは

歯の表面部分のエナメル質が何らかの原因で傷つき、削れてしまう事によって象牙質が露出し、象牙質にさまざまな刺激が加わって、象牙細管→歯髄神経→脳に刺激が伝わり、「ズキッ」といった歯がしみる症状へと繋がります。

原因は、
エナメル質が傷つき、削れた結果、象牙質が露出してしまうことです。ではなぜエナメル質が傷ついてしまうか。 原因として考えられることをお話しします。

◎間違った歯磨き◎
歯ブラシで“ゴシゴシ”と力をかけて歯磨きをした結果、エナメル質が傷つき、削られてしまうのです。本来エナメル質はとても堅いので数回“ゴシゴシ”と力任せに歯磨きをしたからといって削れてしまうものではありませんが、日々の積み重ねによって強固なエナメル質も傷つき、削られてしまう可能性があるのです。
◎酸が含まれる食品◎
酸”によってエナメル質を溶かして象牙質が露出してしまう可能性もあります。
エナメル質は人体の体の中で最も硬い組織といわれていますが、酸にはとても弱いという性質があります。

私たちが日頃から口にしている飲食物には酸が入っている物が多く、普通の食生活を送っているだけで、知らないうちにエナメル質を溶かしていってしまっている可能性もあるのです。

◎歯ぎしり・噛み合わせの悪さ◎
歯ぎしりの原因は「不安・疲れ・ストレス」など色々考えられますが、歯ぎしりは直接、歯のエナメル質同士をこすり合わせるため、その結果、エナメル質が削れたり割れる大きな原因となるのです。
そして歯ぎしりは歯だけでなく歯周組織全体に強い力が加わるため、エナメル質が削れたりするだけでなく、歯を支えている歯槽骨までも破壊することがあり、歯周病の原因となったりもします。

他にも
◎歯周病
◎ホワイトニング
◎虫歯
◎歯石除去
◎ 加齢

などがあげられます。

〜自宅でできる「知覚過敏」改善方法〜
・歯ブラシの圧を弱くする
・歯ぎしり食いしばりをやめる
・知覚過敏用歯磨き粉の使用

などがあります。

知覚過敏用歯磨き粉「シュミテクト」について

先日の院内研修会でグラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパンの新妻様にお越しいただき、「シュミテクト」についてお話しいただきました。 現在シュミテクトの歯磨剤は8種類ものラインナップがあり、ドラックストアなどで見かける機会も多いと思います。

私は今回新商品のトゥルーホワイトを使ってみました。

「トゥルーホワイト」は、シュミテクト研磨剤の中では唯一研磨剤無配合のもので、
ポリリン酸・PEGを配合しており、ステイン除去効果と
硝酸カリウムによるしみるのを防ぐ効果が期待できるものとなっております。

しみるのを防いで白さを保てるなんて一石二鳥ですよね。
冷たいものがしみることがあるので効果を期待して使ってみようとおもいます。
シュミテクトは少し多めにつけて2週間から1ヶ月で効果が出てくると言われているそうです。

fullsizer

また歯磨剤をなに使っていいかわからないなど、ご質問がありましたら、気軽にお声がけください。

皆様のご来院お待ちしております。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。