こんにちは。きらら歯科歯科衛生士長 冨田です。

今回は、定期健診についてお話したいと思います。

皆さんは定期的に歯科検診を受けていますか?歯が痛くなったり歯ぐきが腫れたりした時にしか歯科医院に行かないという方も少なくないと思います。しかし、痛みや腫れなどの症状が出た時には、すでに虫歯や歯周病がかなり進行していることが多く、治療の回数も時間も費用の負担も大きくなってしまいます。そのうえ、歯の状態によっては神経をとったり、歯を抜いたりしなければならなくなり、歯の寿命を縮めることになりかねません。

時すでに遅し・・・となる前に、全身の健康状態を調べる人間ドックのように、お口の中の健康状態をみる「歯の定期健診(デンタルドック)」をおすすめします。

検診では虫歯や歯周病だけでなく、お口の中の様々な疾患も自覚症状がないうちに発見でき、将来的なリスクも予測することが出来ます。

定期健診では

歯や歯ぐき、粘膜、噛み合わせ、歯並び、あごの関節などの状態を検査します。必要であればレントゲン撮影をし、歯の内部やあごの骨、過去に治療した歯の状態など、肉眼では見えない部分を確認します。このほか、より詳細な検査としてCT撮影をすることもあります。

このような検査以外に、歯科衛生士による虫歯・歯周病予防のためのケアをも行います。

クリーニング

超音波の振動と水が出る機械を使って、歯周病や虫歯の原因となる、歯石や磨き残した歯垢(プラーク)を取り除きます

TBI(ブラッシング指導)

健康なお口を保つ為の正しいブラッシング法をお伝えします。お口の中の状態によってフロスや歯間ブラシの使い方もお伝えします。必要があれば、歯垢を赤く染めだし、どの部分に注意して磨いたら良いのかわかりやすくすることも出来ます。普段うまく磨けないな、と思う所や、気になる事があればぜひご質問してください。正しいブラッシングの仕方が分かれば、毎日のケアを見直すことができ、セルフケアに対するモチベーションを高めることが出来、自信が持てると思います。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

専用の機械を使って歯の表面に付いているバイオフィルム(細菌が作り出した膜)をきれいに除去します。また、お茶やコーヒーなどで付いてしまった着色も落とす事ができます。

歯の表面がツルツルになると、汚れが付きづらくなるので、虫歯や歯周病の予防にも繋がります。

0734080005

毎日きちんと歯を磨いていても、お口の中では少しずつ汚れが蓄積し、歯ブラシでは除去しきれない歯垢・歯石がついてきます。ご自身で行うセルフケアのみではお口の中の健康を保つのは大変難しいです。

それを定期的にプロの手でクリーニングさせていただくことで、虫歯や歯周病を予防し、自分の歯を一生残す事が可能になります。

定期健診に来ていただく間隔はその方のお口の中の状態によって変わってきます。その際には、お口の中の気になる事を気軽に何でもお話しください。一緒に「一生、自分の歯でおいしく食べられる」ように、メンテナンスしていきましょう。

(補足)

従来定期健診は(歯周病による歯石沈着などは保険で除去可能でしたが、)健康保険診療で行うことが出来ませんでした。

しかしSPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)が導入され、歯周ポケットが4ミリ以上ある方、あるいは初期虫歯がある方に対しては健康保険でクリーニング、フッ素塗布などが行えるようになりました。ご興味があるかたぜひ一度お尋ねください。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。