こんにちは、武蔵五日市線秋川駅から徒歩5分の場所にあります、きらら歯科歯科技工士の三浦です。

この度から歯科技工士もスタッフブログを書かせていただくことになりました。

これを機に、歯科技工士という職業はどういうことをしているのか、歯科医療にどういった影響を与えているのか、歯科技工の取り巻く環境を知っていただきたいと思います。
これから、どうぞ、宜しくお願い致します。

突然ですが、皆様、歯科技工とは何かご存知ですか?

あまり身近な職業ではないと思いますので、
そもそも歯科技工とは?といったところからお話しさせていただきたいと思います。

歯科技工とは、
【入れ歯】や虫歯が出来てしまい削った歯を元の歯に近い【修復物を作る】ことです。
銀歯や金歯、最近ではセラミック、そのような言葉でしたら、聞き慣れている方も多いのではないでしょうか。

皆様がより良い食生活ができるよう、皆様に合った詰め物や被せ物を作っていくのが主な役割になります。

きらら歯科には毎日技工士がいますので、

「突然、義歯が壊れてしまった…でも明日は大事なお食事会…」
そんな時はご相談ください。
できる限りではありますが、短時間でお直しさせていただきます。
また、出来上がった被せ物や、他院で入れた被せ物のお色の相談が気軽にできたりします。

さらに、患者様の印象に石膏を注ぐのも、MORITAの真空練和機を使って、主に技工士がやっております。
その為、気泡が入ったりして、患者様に再び型取りをお願いすることもだいぶ少ないかと思います。
メーカーに指定されている混水比で石膏を練っていますので、膨張も最小限に抑えられいます。

そして、きらら歯科の技工機器は、鋳造機のCASCOM Sを始めとする最新のものを使用しておりますので、衛生的かつ最先端です。

次回以降、きらら歯科技工所、
自慢の最新の機器たちをご紹介させて頂けたらと思います。

img_4230
詰め物や被せ物をする際、
・変色するの?
・割れないの?
・色はどんな感じ?
・値段は?
などと様々な疑問があると思います。
その際は、技工士にお声掛けください。
専門的な知識を交え、分かりやすくご説明させていただきます。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。