こんにちは。きらら歯科 副歯科衛生士長の久下です。

今日は「歯の神経を抜いたのに痛むのはなぜか」についてお話させていただきます。

歯の中の神経(歯髄(しずい))を抜く治療を受けたのに痛みがあり、不安になった経験はありませんか?

accdb8c8d9a084e4915170779db163ad_m

ー歯の神経(歯髄)の役割ー
歯髄は歯の中心部にある組織で、血管、神経線維、リンパ管などで構成されています。
歯髄には、歯に加わる刺激を感じる感覚機能のほかに、歯へ栄養の供給や象牙質の形成歯が何らかの損傷を受けた時に防御しようとする機能があります。

ー神経を抜いた歯が痛む理由ー
①治療の刺激による一時的なもの
歯の神経は歯の中だけではなく、歯の周りの組織にも通っています。神経を抜く治療は器具で歯の中に走行している神経をツルンととるわけではなく、引きちぎるようにして取り除くため、その引きちぎった断面が治るまで、痛みを感じることがあります。

②歯の根の周りに波及した炎症によるもの
歯の根の周りに波及した炎症で痛みを感じることがあり、状態が落ち着くまでに時間がかかることがあります。また治療前に症状がなくても治療の刺激で一時的に歯の根の周りに炎症が波及することもありますが、きちんと治療を繰り返し行うことで、症状が治まることが多いようです。

③神経の細菌が残っていることによるもの
根管の形は人によってそれぞれ異なり、歯の根と同様にまっすぐな形をしていて、器具を使って簡単に治療ができる方もいれば、クモの巣のような網状の形や、枝状に細かく分かれる形、湾曲した形などをしており、器具や薬を使っても難しい方もいます。その場合は何度か中の薬を取りかえて消毒を続けます。

④ほかの部分の不具合によるもの
他のことが原因で起こっている違和感や痛みが神経を抜いたことによって起きた痛みだと感じることもあります。この場合は適切な治療を受けることで(例えば掃除や嚙み合わせ調整、隣の歯の治療など)改善されることがあります。

ー歯の神経を抜く治療法(抜髄)-
歯や詰め物などを削って歯髄を取り除き、その部分の清掃、洗浄消毒を行う根管治療を行います。根管治療によって痛みや炎症が治まったら根の中(根管(こんかん))に薬剤を詰めて、被せ物を入れて再び歯の機能をとり戻すことができます。

ー注意点ー
処方されたお薬があればきちんと飲みましょう。
抜髄から被せ物を入れるまではきちんと受診しましょう。勝手に中断してしまうと、悪化したり、周囲の歯に悪影響を及ぼしてしまったりして、さらに治療に時間がかかることが考えられます。
間があいてしまう場合や、痛みや違和感が続くことはしばしばありますが、不安な場合は先生に説明を求めたり、ご相談ください。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。