こんにちは。秋川駅から徒歩5分のところにあるきらら歯科 歯科衛生士田嶋です。
ようやく朝晩は涼しくなってきましたがまだまだ暑い日が続いていますがみなさまご体調を崩したりしていないでしょうか。
今日は歯の黄ばみの原因についてお話ししたいと思います

歯の黄ばみは主に2つの原因があります。
1つは加齢による黄ばみです。
肌が年をとするとくすんでいくように、歯も年をとるにつれて黄ばんでしまいます。
原因はエナメル質は毎日の歯ブラシや歯ぎしりなどで薄くなり、加齢により薄くなっていきます。一方でエナメル質の下にある象牙質の色はだんだんと濃くなっていきます。そのため薄くなった透明のエナメル質から黄ばんだ象牙質が透けて見えるため、歯は黄ばんで見えてしまいます。
加齢によるエナメル質の劣化を止めることはとても難しいですが、ホワイトニングにより歯の内部の象牙質を白くする事で歯を白くすることができます。

2つ目は外因性(飲食による)の黄ばみ(着色)です。
エナメル質の表面に飲食物の色素やタバコのヤニなどが徐々に付いていき時間がたつにつれて目に見えるかたちで着色のなって現れます。飲食物では、色の濃いものは着色しやすいといわれていますが、特に下記のものは色が付きやすいと言われています

赤ワイン、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、大豆、ぶどう、ココア、チョコレート、ブルーベリーなどポリフェノールやタンニン、カテキンが多く含まれる食品です。

1967055002
その他に色の濃い食品で、トマト、カレー、しょうゆ、ケチャップ、ソース、味噌などです。
黄ばみ(着色)を防ぐには着色しやすい食べ物や飲み物などの摂取を避けることです。しかしいくら着色を避けようとして原因になる飲み物や食べ物を避けることは出来ません。一度食べたり飲んだりしてからといってすぐに汚れが落ちなくなるほど付くわけではありません。食後なるべく早くに歯ブラシをして汚れを落とすことが大切です。もしも歯ブラシが出来ない場合は口をすすぐだけでもよいと思います。
また歯ブラシで落としきれなかった黄ばみ(着色汚れ)は歯医者でポリッシングすることで落とすことができ、エナメル質に染み込んでしまった汚れはホワイトニングで落とすことが出来ます。
みなさんは歯医者は歯が痛くなったら行くところとお思いかもしれませんがぜひお口の中のクリーニングにもお気軽にいらして下さい。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。