こんにちは。きらら歯科 歯科衛生士の太田津です。
皆様は歯磨き粉を買う時にどのようなことに気を付けて選んでいますか?
たくさんの種類の歯磨き粉が売られていますが、歯磨き粉には用途に合わせて色々な成分が含まれています。
今回は歯磨き粉についてお話をしていきたいと思います。
%e7%84%a1%e9%a1%8c
1.歯磨き粉の主な役割について
①口の中を浄化する、爽快にする
②むし歯の発生と進行を防ぐ
③歯垢を除去する
④歯石がたまるのを防ぐ
⑤歯周病を防ぐ
⑥歯の着色を防ぐ
⑦口臭を防ぐ
2.歯磨き粉の成分について
歯磨き粉は主に基本成分(研磨剤+発泡剤+湿潤剤+粘結剤+香味剤+保存料)とそれ以外の様々な薬用成分から出来ています。
薬用成分は歯磨き粉によって配合されている種類が異なります。
《基本成分》
 
①研磨剤
…歯の表面の汚れを落とします。
②発砲剤
…口の中に歯磨き粉を拡散させて洗浄します。
③湿潤剤
…歯磨き粉に適度な湿り気を持たせます。
④粘結剤
… 粉と液の成分を結合させ、歯磨き粉に適度な粘性を持たせます。
⑤香味剤
…歯磨き粉に香りを付けて使用し易くします。
⑥保存料
…歯磨き粉の変質を防ぎます。
《薬用成分》
 
①虫歯予防…むし歯の発生と進行を予防します。
【モノフルオロリン酸ナトリウム、フッ化ナトリウムなど】
②歯肉炎予防
【塩化セチルピリジニウム、塩化ベンザルコニウム、トリクロサンなど】
③歯周病予防
【塩化クロルヘキシジン、トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム、β-グリチルリチン酸、ビタミンE、塩化ナトリウムなど】
④歯垢の分解
【デキストラナーゼ】
⑤歯石沈着防止
【ポリリン酸ナトリウム】
⑥知覚過敏抑制
【乳酸アルミニウム、硝酸カリウム】
⑦タバコのヤニ除去
【ポリエチレングリコール】
3.歯磨き粉のむし歯予防効果について
市販されているほとんどの歯磨き粉にはフッ素が含まれています。
フッ素には歯の再石灰化作用細菌の酸産生防止効果があり、むし歯を予防することが出来ます。
歯磨き粉によるむし歯の抑制率は約25~40%と言われています。
歯磨き粉は毎日歯を磨くときに使うものなので定期的に誰でもむし歯予防ができるという利点があります。
4.歯磨き粉の形状について
ペースト状の歯磨き粉が多く売られていますが歯磨き粉には様々な形態があります。
・ペースト状
・ジェル状
・液状
・フォーム状
・粉
など
5.歯磨き粉を選ぶ時に気を付けること
①発泡性の良い歯磨き粉
口の中に泡が広がるのと同時に清涼感が広がるので、それだけで口の中が綺麗になったと思い込んでしまいブラッシングが疎かになり汚れが多く残ってしまう事があります。
②研磨剤を多く含む歯磨き粉
ステイン除去用などの歯磨き粉には研磨剤が多く入っていることがあります。
適度に汚れを取る分には良いのですが磨きすぎると歯をすり減らせてしまう可能性があります。
☆最近では低研磨剤・低発砲の歯磨き粉が増えてきています。
低発砲の歯磨き粉は泡立たない分口の中全体をきちんと磨かないと口の中がスッキリしないので自然とブラッシングが丁寧に行えます。
今回は歯磨き粉についてお話をさせていただきました。
自分に合った歯磨き粉を見つけてより効果的に歯磨きをしていきましょう

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。