あきる野市きらら歯科です。

経営者に聴く

e-dentistという歯科医師求人サイトの「経営者に聴く」というコーナーに当院院長がインタビューが掲載されました。

先月当院に取材にいらして、今月よりの掲載となりました。

edentist

(該当ページ)

抜粋

東京都あきる野市は東京都心から50キロ圏内にあり、1995年に秋川市と西多摩郡五日市町が合併して誕生した自治体である。JR五日市線が通り、1日に数本は青梅線を介して、中央線へと乗り入れている。東京サマーランドや五日市青少年旅行村などへの来訪者も多い。
きらら歯科は2008年にJR秋川駅から徒歩5分の場所に開業した歯科医院である。渡部和則院長はコンポットレジンを使用した治療を得意とするが、予防歯科にも力を入れている。現在、1日平均280人の外来患者数があり、常勤歯科医師13人、非常勤歯科医師3人、常勤歯科衛生士13人、非常勤歯科衛生士1人、常勤歯科技工士3人、常勤歯科助手7人、非常勤歯科助手45人という体制で診療にあたっている。
今月はきらら歯科の渡部和則院長にお話を伺った。

今後とも優秀な歯科医師をきらら歯科では募集いたしております。スタッフ一同高水準な医療を提供できるよう研鑽してまいります。よろしくお願いいたします。