こんにちは。きらら歯科、歯科衛生士の大西です。
以前検診で使用される記号についての記事を書かせていただきました。

今回も検診や歯科医院で見られる記号についての解説をしたいと思います。

今回解説するのは歯の表の見方です。

このような

ファイル 2016-08-30 15 02 28

十字線の周りに数字が並んだ表や、このような

ファイル 2016-08-30 15 14 39

角と数字の記号をご覧になった方も多いのではないでしょうか。

私も歯の勉強を始める以前にみかけましたが、見方が分からず頭の中に?マークが浮かんだ覚えがあります。

まず、歯はこのように並んでいます。

DSC_0001

 

この歯の並びを平面図にしたのが以下の画像です。

IMG_4147

 

そこに上の歯下の歯を分ける線を引き

ファイル 2016-08-30 15 04 04

更に真ん中の前歯を基準に左右に分ける線を引きます。

ファイル 2016-08-30 15 05 59

注意点として、歯科では表で見ての左右ではなく、患者さんにとって左か右かで見ています。ですので、表では左右が逆になります。

このようにして、直線で上下左右に四分割していきます。
右上・右下・左上・左下と区分されます。

ファイル 2016-08-30 15 08 24

そして真ん中の前歯から順に1番、2番、3番・・・と歯に数字を割り振ります。

歯は親知らずを入れると一つの区分につき8本あるので、親知らずが生えてる方は8番まで、生えていない方は7番まで数字が振られます。上の図は親知らずを含まないので。7番まで数字があります。

このようにして、歯の全体を表にあらわしています。

ファイル 2016-08-30 15 02 28

また、歯の一本一本を表現する為に他の上下左右線と他の歯を省略してこのように表現します。

ですので、この記事の二番目の画像は左上3番と右下6番つまり左上の犬歯と右下の(親知らず抜きで)奥から二番目の歯を表しています。

ちなみに乳歯は数字ではなくアルファベットで表します。乳歯は上下左右5本の計20本なので、Eまで表します。

以上、歯の記号を解説致しました。他に不明な点がございましたら、どうぞお気軽にご質問ください。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。