こんにちは。きらら歯科歯科衛生士の小林です。

今回はお口の中の唾液(=つば)についてお話しさせていただきます。

af9920077944m

唾液とは、唾液腺から口の中に分泌される分泌液で、99%が水で電解質や酵素などを含んでいます。唾液の分泌量は、個人差がありますが、1日1リットル~1.5リットルと言われています。健康状態や年齢、性別などによっても違いがあります。
また、唾液の質にも個人差があり、口の中の酸を中和する作用(緩衝作用)が低いと虫歯になりやすくなります。

唾液は大唾液腺と小唾液腺があり、主に耳の下にある耳下腺、額の下にある顎下腺、舌の下にある舌下腺の左右それぞれ3か所の大唾液腺と口腔内の粘膜に広く分布していて、口唇、口蓋、舌の裏側などにも見られる多数の小唾液腺があります。

唾液腺により、唾液の性状が異なり、耳下腺はさらさらな純漿液腺で、顎下腺と舌下腺は漿液と粘液の混じった混合腺です。

唾液の役割
①消化作用
唾液は消化液としての働きもし、唾液中のアミラーゼという酵素がでんぷんを消化します。

②抗菌殺菌作用
唾液の中のラクトフェリンやリゾチームが、口の中の細菌の感染や、体の中に病原菌が入ってくるのを防いでいます。口の中に存在する虫歯菌や歯周病菌の働きを抑えます。

③保護作用
舌や口の中の粘膜を潤し、乾燥から保護する作用です。

④味覚作用
食べ物を溶かすことで、味を感じる味蕾細胞の働きを助けます。

⑤緩衝作用
物を食べた後は、口の中は酸性に傾きます。唾液はこの状態を改善し、中和してくれます。

⑥潤滑作用
口の中の食べ物を唾液で濡らすことで、よr喉を通りやすくします。口の中を潤し、声がよく出る発生を滑らかにします。

⑦再石灰化
脱灰により、溶けだした初期虫歯に対して、唾液がカルシウムイオンとリン酸イオンを補給し、エナメル質の結晶を新しく形成し、元の健康な状態に戻します。

唾液腺の病気
〇唾液腺炎
細菌性、ウィルス性おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
〇シェーグレン症候群
〇唾石症
唾液腺の中の結石ができることによって生じる病気で8割以上は顎下腺におきます。

食事中に顎下部が腫れて、激しい痛みがおこり、しばらくすると徐々に症状がなくなります。唾石は砂粒状の小さなものから、数センチのものまで様々です。
排出管に結石ができることによって、唾液が排出管を通りにくくなり、唾液がそのまま唾液腺内にたまってしまうので、唾液腺が炎症をおこして、痛みと腫れがおこります。
原因は不明ですが、唾液の排出管に入り込んだ異物や細菌などを核としてそのまわりに唾液に含まれるカルシウムが沈着してできると考えられます。

このように様々な重要な役割を持っている唾液ですが、何らかの原因で唾液の分泌量が減少すると、唾液のもつ効果が得られません。

唾液の分泌量が減少する原因
シェーグレン症候群や糖尿病等の病気、薬の服用などが原因で、唾液の分泌量が減少する場合もありますが、次のようなものも原因になります。
・加齢
・ストレス
・口呼吸
・生活習慣(アルコール・喫煙)
・女性ホルモンの低下・更年期障害

唾液を増やすには・・・
・水分を多くとるようにすること
・唾液腺のマッサージ(指で直接)、舌の運動
・食べ物をよくかんで食べること
歯が抜けたままになっていたり、虫歯や歯周病により、かみ合わせに不調があると、かむ回数も減ってしまいます。
唾液の分泌量を増やすためにも、口の中の健康を維持することが大切です。
お口の中に不調を感じたら、ぜひきらら歯科にいらっしゃってください。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。