東京都あきる野市の歯医者「きらら歯科」虫歯・歯周病・インプラント。年中無休朝7時~夜22時。当日診療可能です。あきる野で痛くない歯科をお探しの方は当院へ

親知らずについて

親知らずとは

歯科の学術名では親知らずは第三大臼歯(智歯)といわれています。

親知らずは、個人差がありますが16歳以降の人々に生えてくる歯です。大体生える場合には20歳くらいまでに生えてきます。場所は12歳臼歯のさらに奥に上下左右1本ずつ歯えてくるのが親知らずです。

しかし、生活環境の変化などに伴い現代人の顎の骨は小さくな る傾向にあり、親知らずがキレイに生えるためのスペースがない ことが多くなっています。そのため傾いたり、一部だけ出てきたり、 歯ぐきのなかに埋もれたりするケースが多いのです。

きらら歯科では、 患者さんとじっくりご相談したうえで適切な処置を行います。

af9920060123m

親知らずの起こすトラブルとは

親知らずが生えてくるスペースが狭いと横の歯を押して生えてくることがあり、歯並びや噛みあわせを悪くしてしまいます。

また、磨きづらいため磨き残しが出てしまい、虫歯になりやすくなります。親知らずが虫歯になると治療が難しく、再発しやすいです。

また口臭の原因の一つとも考えられており、親知らずの周りに汚れがたまることで口臭が発生することもあります。

親知らずは様々なトラブルの原因となるので、生えてきたり腫れてきた際にはできるだけ早めに歯科で診察を受けることをおすすめします。

親知らずが今痛いのですがすぐ抜いてもらえますか?

親知らずの状態(炎症の程度、歯の形、歯の向き等)により、すぐに抜歯できる場合と、投薬や応急処置の後に時間をおいて抜歯する場合があります。 また予約の状況により十分な時間が確保できない場合、夜間なども、当日は応急処置や投薬治療となりますのでご了承ください。 上顎の親知らずの場合、重度の炎症がなければ当日に抜歯できることが多いです。

痛くない歯科治療 無痛治療について
下顎の親知らずは、炎症が強く出やすいこと、歯の形や向きの問題で治療に時間がかかりやすいことなどの理由により、投薬治療や応急処置を優先することが多くなります。
また当院では場合により阿伎留医療センター・東京西徳洲会病院・東京医科歯科大学附属病院などの高度医療機関へ紹介する場合があります。

親知らずがあるのですが抜いたほうが良いのでしょうか?

「親知らず」は抜いたほうがいいという話をよく耳にすると思います。 実際、歯医者さんの中でも、「親知らず」は抜くという方針の方もいらっしゃいますが、「親知らず」でも正常に生えていて一本の歯として機能していれば、抜歯の必要はありません。

一本でも歯が多いほうが、噛むことがしっかりできますし、もし仮に、一本前の歯がなくなった時には、ブリッジや入れ歯の台に使うことができます。 しかし、「親知らず」が正常に生えていない場合や、顎や他の歯に悪影響を与える場合は抜歯が必要となります。

親知らずを抜いた方がいい理由

  1. 生え方によって歯磨きができない箇所がでてきて、虫歯・歯周病になりやすい
  2. 虫歯、歯周病にになった場合、健康な手前の歯にも悪影響が及ぶ場合がある
  3. 治療をしても、歯磨きができないので再発しやすい
  4. 痛みなど、不具合が生じている場合には、抜かない限り解決しない
  5. 歯並びを悪くする恐れがある

親知らずは抜いた方がいい聞いたことがある方が多いと思いますが、それは、親知らずによって、痛みが出たり、他の歯に様々な悪影響が生まれるからです。

特にまっすぐに生えず斜めに生えている場合などや腫れたり痛くなってしまった親知らずは、抜歯するのが最も確実な治療法です。なぜなら、一度抜けば、その後一生トラブルに悩まされる心配はなくなるからです。

逆に、抜かない限りずっと悩まされることになります。

ただ、親知らずだからといって、必ず抜かなければいけない訳ではありません。抜歯には必ずリスクが伴います。ケースは少ないですが、神経麻痺を起こすこともあるのです。

「これは、早く抜きましょう」

と安易に歯科医師に言われるケースもありますが、必ずしもそうでないケースもあります。抜歯の対処は、専門的な診断と処置を行なうことがとても大切です。

きらら歯科ではCTを完備しておりますので安心して抜歯することが可能です。

20140807101815_3

歯を抜くときは痛いのですか?

抜歯時には、表面麻酔を塗布した後に局所麻酔をしますので、歯を抜くときに痛みはありません。

あきる野市きらら歯科求人 歯科医師 歯科衛生士 歯科助手

歯を抜いた後、痛みが数日残ることがありますので、痛み止めを処方しております。

上あごより下あごの親知らずの方が一般的に痛みが強いです。

できるだけ歯を抜きたくないのですが、治療方針を教えてください。

歯を抜きたくないというのは多くの患者様の願いです。 ですから、きらら歯科ではできるうる限り歯を残す方針で、治療計画をたてます。
しかし研究結果に基ずく知識や経験から残すことが不可能な場合、残したとしても不快な症状を繰り返すことが予想される場合、無理に残してしまい、後々の治療を極めて困難にするような場合には十分に説明いたします。

また応急処置や内服薬の投与などで、時間をおいて、納得していただいてから治療を進めますのでご安心ください

気になるようであれば、お早めにご相談されることをおすすめします。

の知恵劣化は二つの理由であってもよい:まず、からヒトでの類人猿の間に進化した顎、全く小さくなっていない下顎の知恵のためのスペース、2番目、おそらく口腔衛生に関連した、古代の若い人たちは、いくつかを持っています歯や歯の喪失の大半は非常に一般的なものです。そして、ちょうど知恵の脱却この時間は、場に出ました。開発し、現代内服薬、十分な栄養は、誰もが持っているブラッシング習慣を、また、歯の喪失の前に虫歯を治療することができ、事故がない限り、一般の若者は親知らずが余分になり、無傷の歯のままになります。親知らずの成長は、多くの場合、痛みを持っている間成長の余地が存在しないため、無咀嚼機能ほとんどの人々の知恵、例外の位置と姿勢の噴火が発生します後ではなく、歯に。つまり、一般的な知恵が冗長である、と考えられている痕跡器官。

親知らずの疾患が引き起こされる

親知らずは、多くの場合、疾患を引き起こす:う蝕(虫歯知られている)歯髄炎、歯冠周囲炎、歯周膿瘍、外傷性潰瘍、歯列。親知らずは、第三大臼歯であり、隣接する第二大臼歯に重要な影響を持っています。影響を受けた親知らずのほとんどが45度の第二大臼歯の上に角、食品の衝突に簡単にクラウン角形との間の第2大臼歯、について、前方に傾いているので、毎日のブラッシングは、より良い地元の掃除が簡単ではありません長い時間が第二大臼歯と第三大臼歯う蝕(虫歯)を引き起こす、さらには歯髄炎、それによって、第二大臼歯の健康を危険にさらします。口の中で最も内側の親知らずと、多くの場合、クラウン歯肉フラップカバーを持っているか、部分的に形成ブラインドバッグをカバーするために必要なスペースの不足に親知らずの噴火以来、多くの場合、歯冠周囲炎誘発されやすいブラインドバッグ内に細菌や食べ物のかすは、隣接する歯を引き起こします膿瘍、近くの空間感染。また顎の親知らずの、同側の単発の噴火がない相対的または制限歯、親知らず、時には過剰な発芽、より上顎の粘膜外傷性潰瘍が形成された繰り返し噛む表示されます。埋伏歯順方向の噴火のためには、前歯が歯列を引き起こす可能性がプッシュすることができます。
局所麻酔下で、同じセッション中に抽出し、上下右親知らず。
ほとんどの専門家は、将来のトラブルを避けるために上に親知らずのために、病気につながる可能性があり、それが知恵歯の除去をお勧めします。混乱の原因となったのはない知恵の何人かの人々がありますが、それは個々のある生理的な意思決定の構造、これらの人々は、親知らずの除去を必要としません。親知らずの成長の場所であるため、三叉神経の枝適切に処理すれば、それは口の中の感覚に影響を与える可能性があります(舌、唇)または視覚[要出典]。成人の顎の骨は、親知らずの根が確定しているので、特定の親知らず抽出手術リスクがあります。のために、糖尿病、心臓病や他の患者、それはの除去生じやすい合併症をこれらの人々が知恵歯の外科的除去に注意するために、。

親知らずは完全に下顎の噴火後まで形成されています。除去がフェイスリフトには効果がありませんかどうかをそのように。

三から四親知らずの根、操作位置の成長を助長されていません、ありますので親知らずの除去は、一般的に分割方法削除冠をクラックを選ぶようにします。以来麻酔使用は手順の間に痛みを感じることはありませんが、人々がこのプロセス遂行したい心理の適応を、それが原因の恐怖ではなく、治療でした。いくつかのあまり露出されたクラウン親知らずについては、ガムの除去を除去するとき、創傷治癒は、いくつかの痛みをもたらす切断することができます。上顎成長親知らずは、親知らずは、以下の簡単な、リスクが比較的小さいより引き出します。

十分な科学的証拠の不足にもかかわらず、無症候性で親知らずの予防的除去の先進国はすでに一般的です。2006年には、ランダム化比較試験の予防引っ張っ親知らず結果の評価に基づいて、Chochraneコラボレーションが体系的レビューを発表[1]。レビューアは、親知らずの予防的除去の実践をサポートしたり、反論するのに十分な証拠がないことがわかりました。しかし、親知らずの予防的除去が減少または後期切歯混雑を防止することができることを確かな証拠がありました。著者らは、親知らず手術の予防的除去は、60%以上削減することができるお勧めします。

別の組織、ClinicalEvidenceは、また、同様の見解を表明した[2]:親知らずの予防的除去は、特に近くの可能な抽出を考慮すると、効果がないか、あっても有害な場合がある神経迫害に起因します。

ご予約・お問い合わせはこちら TEL 042-559-8849 診療時間 7:00-22:00 受付時間 7:00-21:45

お電話はこちら

denwa
朝7時~夜22時まで対応いたします
初診・急患随時対応
当日予約可能です。ご相談ください

きらら歯科WEB予約

24時間インターネットから新規予約・予約の追加・変更を行うことができます。
syosinlogo
あきる野きらら歯科初診予約

saisinlogo
きらら歯科担当医で診療希望

きらら歯科WEB予約担当希望なし

きらら歯科予約変更の方

各種書籍掲載

あなたの街のいい歯医者全国100件に当院が掲載されました
banner_B01
信頼できるかかりつけ歯科医認定ガイドに当院が掲載されました

ストローマンパートナー

世界シェアNo1のストローマンインプラントの提携医院として当院が紹介されています

きらら歯科アクセスマップ

kirara map
JR五日市線秋川駅より徒歩5分
あきる野市キララホール前
あきる野市中央図書館前
無料駐車場25台完備
タイムズ時間貸駐車場提携
PAGETOP
Copyright © 東京都あきる野市きらら歯科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
ご予約・変更はこちら